fcb.portal.reset.password

公式ウェアを着るピケ

ジェラルド・ピケ は、ルイス・エンリケのバルサの軸の一人だ。水曜日は、累積処分により、チャンピオンズリーグでアーセナルを前にプレーすることができないが、チームは、「常に勝つことを義務づけられている」と話し、現在のクラブ状況について、語った。

UEFAの公式インタビューに答えて、ピケが語ったことは、下記の通り。

目標 「最高の形で達成できるように、僕らは全力を尽くしている」

「まだ、多くの仕事が残っているし、その3ヶ月はとてもとても大変なものになる。僕らは再び、勝利を手に出来るように頑張っている。なぜなら、僕らの掌中にあるものだからだ。最高の形で達成できるように、僕らは全力を尽くしている。すばらしい才能をもったサッカー選手が偶然、重なったジェネレーションだ。最大限にそれを利用しなければならない。その後、僕らが引退した時に、どれくらい、重要なものを残せたかどうかがわかるだろう」


37試合連続無敗記録「勝つ事を義務づけられているクラブにいる」

「簡単なことではない。すごく多くの試合だが、僕らは勝つことを義務づけられているクラブにいる。常に

モチベーションを見いだし、どんな試合でも勝ちたいという気持ちを持たなければならない。アーセナルがこようが、降格寸前のチームであろうが、対戦相手は関係ない。そこに違いはない」


やりやすいカウンターアタック「アーセナルへの先制点は、はっきりした例だ」 

「僕らにはもっとバリエーションがあるが、常にボールやポゼッション、試合のテンポを手にし続けていたいし、ゴールチャンスをより多く手にし続けたいが、同時に今は、守っていてもやりやすいし、カウンターもしやすい。アーセナルでの先制点は、それが表現されたはっきりとした例だった。以前は、守るのに後ろに控えているのにもっと苦労していた。今、僕らにはとてもスピードがあり、あらゆるチャンスをカウンターに生かす前線の3人がいる」


継続的に超えていくこと「2、3年前のバージョンに止まっていてはならない」

「最終的に、偉大さは自分自身の中にある。それぞれが毎日、向上するよう、目標に向かって進んでいかなければならない。メッシは、常にメッシで有り続けるが、自分で自分を超えていくと感じなければならない。もし、自分がチームにとって大事な存在であり、誰よりも、貢献していて、より多くのタイトルを手にしているのは、その自分あってのことなんだ。その偉大さは、日々、大きくなっていく。2、3年前の自分のベストバージョンに止まっていてはならない。それがチーム全体の目標であり、それを達成することが目標だ」


連続タイトル「僕らは、自分達が達成したことに誇りを持たなければならない」

「物心がついてから、バルサ以上に勝利を手にしたクラブは、他にない。最も大事なのは、幸せでいることだ。僕らは自分達が達成したことに誇りを持たなければならない」

セビージャ戦でのゴールを祝うピケ / VÍCTOR SALGADO-FCB

上に戻る