fcb.portal.reset.password

メッシのシュートが勝利弾となった / MIGUEL RUIZ-FCB

早い時間のゴール: 先制点は、常に朗報だ。それも、試合の1分とあれば、尚更だ。このプレーのグラフィックkらわかるように、ルイス・スアレスは、メッシのアシストを受け、エリア内に入り込み、カメニのゴールにシュートを送った。ボールはクリアされたが、それをムニルが小さなエリアから押し込み、早い時間にスコアは、0-1になった。


敵のプレス: 先制された状態で、マラガは、リアクションを更に求めてきた。相手チームは、非常に高い位置でプレスをかけてきて、バルサのディフェンスからボールが出せないように、仕掛けてきた。プレスからのボールを取り返したフアンピブラボにシュートし、同点弾を決めた。


頭を切り替えるよう、促したメッシ: ハビ・ガルシアのチームは、同点弾を決めて、後半を再び、同等の形でスタートした。だが、ゴールのおかげで、再び、バルサが試合の駒を進めた。アドリアーノがディフェンダーを超えて、左からのセンタリングを送り、メッシに届けた。アルゼンチン人クラックは、アクロバティックな高度なシュートをみせ、カメニを驚かすことに成功した。


ブラボの堅守: バルサのキーパーは、再び、試合の主役となった。クラウディオ・ブラボ は、チームにメリットを与えるセービングで多いに貢献することになった。前半の途中では、チョリ・カストロのシュートを阻み、ボールは左ポストに弾けた。後半も、カマチョが73分に放った危険なシュートを退け、そのクリアボールから再び、放たれたシュートも阻んで、2-2の同点になる寸前だったのを阻んだのだった。


最終局面での安定: ラキティッチが中盤に入ったことで、ディフェンスが向上し、相手チームを披露されることになった。それが試合の最終局面で落ち着きを与えた。ルイス・エンリケのチームは、マラガの敵地でカウンターやファウルといったプレーを避けることができた。勝ち点3を手に、ロサレダを去ることになった。


上に戻る