fcb.portal.reset.password

ボリソフにて最も決定的な役割を果たしたラキティッチ / MIGUEL RUIZ-FCB

1. ダブルゴール  イバン・ラキティッチは、明らかな試合の主役となった。FCバルセロナのユニフォームを着て、初めてダブルゴールを決めた。ブンデスリーガでは、シャルケ 04 (2009-10)で一度、ダブルゴールを決めている。また、セビージャと共にリーグ戦で、4回、ダブルゴールを決めている。2012-13年に2回、2013-14年に2回だ。

2. 最大の効率 ラキティッチの正面からのポテンシャルあふれるシュートが、試合を決めた。ラキティッチはルイス・エンリケのチームにおける最高のカウンターアタックの武器だ。唯一、放った二回のシュートが、両方ともゴールネットを揺らした。

3. 10得点  クロアチア人選手は、今季最初の2得点を決め、既にバルサと共に10得点をマークしている。今季、三度目のベンチスタートだったが、77分間プレーし、中盤と右サイドを試合し、全部で、75回アシストを出した(そのうち、68回が成功した)

4. 5回以上 バルサは、バテ・ボリソフのゴールに向かって、20回ものシュートをトライした。バテは4回だった。つまり、ルイス・エンリケのチームは、ボリソフのチームより、5倍多くシュートを放った計算になる。テア・シュテーゲンが阻む必要もなかった。

5. ジェラルドグンバウ バルサBの選手は、チャンピオンズリーグで22分間プレーしており、トップチームでは5回目の参戦だ。今季、4回目で二試合連続出場を果たしている。

6. ジョルディアルバ  左サイドから、バルサの三種は最も多くアシストを出した。その数は 108回で成功させたのは、95回だった。

アシスト選手                                                   総計               
ネイマール Jr 24
セルヒオ・ブスケッツ 21
ハビエル・マスチェラーノ 11
ジェラルド・ピケ 9
ルイス・スアレス 7

上に戻る