fcb.portal.reset.password

練習場でのアレイシ・ビダルとアルダ・トゥラン/ MIGUEL RUIZ-FCB

2015/16年のバルサの加入選手の二人は、早速、バルサの指揮下で練習に励んでいる。最後に加入したのは、アレイシ・ビダルで、水曜の午前中にはメディカルチェック及びフィジカルチェックを行ない、午後には初練習をこなした。ジョアン・ガンペル練習場で、多くの新しいチームートと知り合った。その中の一人にアルダ・トゥランがいた。



トルコ人選手は、選手、アトレティコ・デ・マドリードから移籍が決まり、ルイス・エンリケの指揮下の練習に加わった一人だ。月曜日には練習を行なったが、アレイシ・ビダルの場合は異なっている。7日にセビージャから移籍が決まり、スペイン代表に召集されていたため、二日間、余計に休みを貰った。そのため、今週の水曜日に新たなチームメート(バルトラ、ピケ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ラキティッチ、ペドロ)と初顔合わせを行なった。

大きな注目

アレイシ・ビダルとアルダ・トゥランは、午後の練習を分かち合った。最初の15分はメディアに開放されたため、全員の注目を浴びた。セッションの最初のロンドも共に行なった。その練習前に、2015/16年バルサのシーズン最初のニュースとなる写真撮影を行なった。

上に戻る