fcb.portal.reset.password

ディナモ・アレナでのメッシ / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサは、今週の火曜日にセビージャを相手に行なうヨーロッパスーパーカップの決勝の地に足を踏み入れた。ルイス・エンリケの率いる選手たちは、今週の月曜日、ディナモ・アレナの芝で試合前日練習を行なった。収容人数 54.000人の ディナモスタジアムが、FCバルセロナとセビージャのサポーターを受け入れることになる。陸上用の部分は人口芝で覆われており、ベンチには、それぞれのチャンピオンのクラブ章旗が翻っている。

バルサの選手は、初めてジョージアのスタジアムの芝に足を踏み入れた。ここで再び、欧州スーパー杯に挑むことになる。その後、選手は、それぞれ、攻守のトレーニングを行ない、とりわけ、フィニッシュに力を入れた。このトレーニングセッションは、公開されたため、スタンドには多くの人々が集まり、練習の最後は、まるでトリビューン席のセレブレーションが起きたかのようになった。

これが、決勝前の最後の練習となる。試合は、現地時間22時45分(バルセロナ時間20時45分)にキックオフだ。目的ははっきりしている。FCバルセロナ史上、5回目のヨーロッパスーパー杯を手にして、6冠を狙い続けることにある。

上に戻る