fcb.portal.reset.password

ビジャレアル戦で得点したネイマール / MIGUEL RUIZ - FCB

代表戦に入る前に試合で勝利wあげることの重要性を説いたルイス・エンリケだが、そのことばどおりの試合となった。カンプノウでビジャレアルの堅守は破られた(3-0)。忍耐強く、ビジャレアルは内容のいいゲームを展開したが、ネイマールとスアレスのゴールへの強い愛情、相変わらず、絶好調のセルヒオ、これで4試合連続無失点のディフェンスなどが一体となり、バルサの勝利を生んだ。

バルサはポゼッション、プレーのコントロール、チャンスメイクで対戦相手を上回っていたが、ビジャレアルの堅守を破るのに苦労させられた。先制点は、ネイマールが後半(59)にもたらした。マルセリーノ・ガルシアの率いるチームは、堅守とカウンターで攻め、バルサは攻撃する度に中盤をふさがれ、ビジャレアルの選手に阻まれた。スアレスが放った二回のシュートは、わずかに枠を捉えなかった。,

ネイマールも前半、ゴールを歌うことはできなかったが、前半はモーターを温める時間だった。3人のディフェンダーを抜いたが、キーパーにゴールを阻まれ (24')、スアレスのパスを受けて、ループシュートも試した (28')。もっとも明白なチャンスを手にしたのは、カウンターからチャンスを得たマテューだったが、アレオラがセーブした (26')。ハーフタイム前にビジャレアルも反撃し、ソルダドがシュートを放った. (36') が、ゴールにはならず、スコアレスドローのまま、試合は後半に持ち越された。

すぐにもたらされた報償

アレオラがネイマールのセンタリングを受けたアウベスからのシュートをクリアし (48')。後半はスタートした。両者はゴールを探していたが、そのバランスを崩したのはセルヒオだった。ゴールに向かって正確にボールを放ち、ネイマールがそのプレーを見て、即座に反応し、先制点を決めた。その後、ムニールに仕掛けられたPKをスアレスがPKで決めて、試合は2-0 になた(69')。2点を既に手にしながら、バルサは攻撃の手をゆるめなかった。試合が終了する寸前にネイマールの芸術作品が生まれた。スアレスのパスを受け取ったネイマールは、自身で回転しながら、ソンブレロを決めると、そのシュートを正面から突き刺してみせた。バルサは代表戦を挟み、11月21日のクラシコを勝ち点27点を手に迎えられることになった。

上に戻る