fcb.portal.reset.password

メッシとアルダt / FCB

カンプノウでのゴールを祝うスアレスとメッシ / MIGUEL RUIZ - FCB

国王杯での決勝進出を決めた後、FCバルセロナは、リーグ戦に集中している。今週の日曜日(20時30分、キックオフ 日本時間15日4時半) 、カンプノウでリーグ戦24節をセルタを前に戦う。ルイス・エンリケのチームは、その後、クラブワールドカップのために不足していた1試合-スポルティング戦−を行ない、更にラスパルマスと戦い、首位の座を守らなければならない。

今回の試合の要求度は高い。セルタは、ここ数年、もっともバルサを手こずらせているチームの一つだ。ベリッソの率いるチームは、最近、3試合中2試合でバルサを前に勝利を奪っている。それだけにルイス・エンリケは、「アクティブで勇気のある非常に危険なチーム」だと予告している。

試合は、両者とも、国王杯準決勝を終えた状態で行なわれるが、その結果は明暗が別れ、バルサが決勝進出をメスタージャで決めた (1-1)一方で、セルタはセビージャとバライドスで引き分けたものの、第一レグの結果 (4-0)、敗れることになった。 

そんなセルタには、バルサの過去を持っている選手が4人いるが、今回、ノリート、フォンタスは負傷欠場、セルジ・ゴメスは累積欠場となり、出場が可能なのは、カルラス・プラナスのみだ。バルサで15シーズン過ごし、今年、セルタで2年目のプラナスは、「バルサの好調ぶりが逆にモチベーションになる」と話している。

召集リスト

この試合でルイス・エンリケは、マシップ、ドウグラス、バルトラ、サンドロ、アドリアーノを監督判断で欠場させる事に決めた。よって、召集リストのメンバーは、下記のとおり。

テア・シュテーゲン、ブラボ、ピケ、ラキティッチ、セルヒオ、アウベス、アルダ・トゥラン、イニエスタ、スアレス、メッシ、ネイマールJr、マスチェラーノ、ムニル、ジョルディ・アルバ、セルジ・ロベルト、アレイシ・ビダル、フェルメーレン、マテュー

上に戻る