fcb.portal.reset.password

Gol de Neymar al Rayo / MIGUEL RUIZ-FCB

Neymar, aplaudindo a torcida.

Neymar, novo artilheiro da Liga Espanhola / MIGUEL RUIZ-FCB

代表戦後、多くの負傷者という悪条件を抱えたバルサだが、リーグの再開を勇敢に歯向かってきたラヨバジェカーノを前に、大量ゴールで制することができた。主役は、疑問の余地なくネイマールJrのものだった。この試合でスターとなった選手は、そのコントロール、1対1の強さ、攻撃チャンスのクリエイト、アシスト、そしてゴールを決めた。そのゴールの数は、4得点にまでのぼった。


ラヨは、予想通り、高い位置からプレスをかけてきて、その攻撃的サッカーを展開してきた。試合がスペクタクルなものになることは、最初から見えていた。このラヨは周囲からの敬意を得たチームだからだ。前半6分に、セルジロベルトが、ラキティッチをトニョの前で1対1にしたが、トニョが一歩早かった。ミッドフィルダーの活躍は、精彩を放っていた。

バルサは、全員でラヨにボールを持たせまいとブロックした。ブスケッツがボールを奪い返し、スアレスがシュートチャンスを得るも、再び、トニョに阻まれた(9分)その後、セッtップレーから、ハビゲラが先制点を決めた。だが、他のチームと違い、そこでディフェンシブにすることなく、ラヨは更に攻撃的に向かってきた。前半21分、ネイマールがPKで同点弾を決めた。その後、そのネイマールが、オフサイドポジションにいたため、スアレスとピケのゴールが取り消されたが、試合はまだまだ終わらなかった。この日、キレていたネイマールは、更にPKチャンスを手にして、試合を2-1にした。ハーフタイム前に‘11’番は、再び、PKと思われる機会を得たが、その笛が吹かれることはなかった。

ハーフタイム後、ラヨは力を増したように思われたが、ブラボが2-2になるのを阻んだ。ブラボは3回にわたって、相手のゴールを阻み、そのうち、2回は継続プレーからだった。バルサは自らのスペースでよりプレーするようになったものの、常にカウンターの危険にさらされていた。トニョがスアレスのゴールを阻んだが、ネイマールのハットトリックを止めることはできなかった。最後にネイマールのアシストを受けたスアレスがゴールを決めた。
勇敢なラヨは、ネイマールとスアレスに翻弄されながらも、最後に一点を返す気骨をみせ、試合は終わった。多くのサッカーとネイマールの実力が発揮された夜が終わった。

 

 

上に戻る