fcb.portal.reset.password

昨季、カンプノウでのマラガ戦でのスアレス / GERMÁN PARGA - FCB

リーグ戦がカンプノウに98日ぶりに戻ってくる。バルセロナがホームでデポルティーボとドローに終わり、リーグ優勝を祝ってから、ほぼ、100日ぶりにルイス・エンリケ率いるバルサは、サン・マメスでアスレティック・クラブを前に勝利(0-1)をあげた後、新シーズンをカンプノウでスタートする。

マラガが、カンプノウでの最初の対戦相手となる。昨季、サプライズを与えられ、ホームで勝ち点3を奪った開いてだ。この過去は、チーム全員が覚えている。ルイス・エンリケが記者会見で話したように、マラガの顔ぶれに変化があったとはいえ、その警告は焼き付いており、簡単に消し去れるものではない。

この第二節の試合で、ルイス・エンリケは、一部の選手を取り戻した。第一節は負傷している選手がいたが、今回は、まず、右足の付け根を痛めていたダニ・アウベスは間に合わなかったが、セルヒオ・ブスケッツは、サン・マメスで痛めた右足首の負傷が治り、エンリケの指揮下に入れることになった。更に、ネイマールJrが最終的に召集リストに入った。土曜日に完治通告が出て、スーパー杯、リーグ戦初戦をおたふく風邪のために欠場したネイマールが、チームに戻って来た。

よって、ルイス・エンリケの欠場者リストは、ドウグラス、アドリアーノと処分欠場のピケだ。また、ビルバオの遠征に行ったジェラルド・グンバウも、召集リストに入った。

[[BOTOVERMELL::マラガ戦召集リストは、こちらから!++::http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/neymar-jr-and-sergio-busquets-ok-for-the-match-of-malaga::HOR::::NO-TRACKING::::::]]

上に戻る