fcb.portal.reset.password

バルサは、5回目の欧州スーパー杯制覇でミランの記録と並んだ

FC バルセロナは、欧州スーパー杯を5回制覇しているACミランと並んだ。セビージャFCを5−4(延長戦含む)で制して、史上9回目の決勝で5回目の勝利を手にした。

ACミランは、 s 1989, 1990, 1994, 2003 、2007年に優勝杯を手にしており、その最初は、1989年にFCバルセロナを2-1で負かして、手に入れたものだった。興味深いことに、最後に手に入れた2007年の対戦相手は、セビージャだった (3-1)

バルサの4回のスーパーカップ

バルサが、史上初の欧州スーパー杯を獲得したのは、1992年だった。ヨハン・クライフの率いるチームは、第一戦を引き分けた後(1-1)、ブレーメンをカンプノウで制した(2-1)。その後、 1997年にヨーロッパウイナーズカップでボルシア・ドルトムンドと対戦したその試合が、大会が二試合形式だった最後となった。 ルイス・フアンハールの指揮のもと、ドイツ勢を 第一戦で 2-0でカンプノウで負かし、第二戦はアウェースタジアムで 1-1 のドローに終わった。現監督のルイス・エンリケは、スタジアムでの先制点をマークする役割をその際、担った。

最後、二回のスーパー杯は、En el año 2009 年にペップ・グアルディオラが率いて、シャフタック・ドネツクをモナコのスタジアムで1-0で制し、その際に延長戦でゴールを決めたのは、やはり、ペドロだった。 当時の6冠を手にしたバルサの4冠目となった。その2年後、2011年、バルサはFCポルトを前に2-0で勝利をあげ、史上、4回目の欧州スーパーカップを制覇したのだった。

トロフィーと記念プレート

FCバルセロナは、欧州スーパーカップのレプリカを新たにクラブのミュージアムに陳列することになる。5回目の優勝を、 UEFAはそれを認める記念の特別なプレートで讃える予定だ。

上に戻る