fcb.portal.reset.password

この日得点を挙げたネイマールとルイス・スアレスの写真Neymar Jr i Suárez, golejadors al Camp Nou / VÍCTOR SALGADO-FCB

FCバルセロナが着実に欧州戦線で前進している。水曜日の試合ではネイマールJr(2)とルイス・スアレスが再びゴールしBATEボリソフを3−0で下した。この勝利はロス・クレスの決勝トーナメント進出を限りなく現実的なものにした。グループEで勝ち点10とし、グループリーグを2試合残している状況でASローマ(5)とバイエル・レバークーゼン(4)を大きく引き離している展開。唯一の不安材料はラキティッチの怪我となっている。

試合開始早々からFCバルセロナが勝ち点3を手にしない結果というのは考えにくい状況にあった。ピッチのあらゆる局面で相手を上回り、ロス・クレスはすぐに得点機を生み出して行った。先発復帰したイニエスタがチャンスを作り出し、4分にスアレスがシュートを担当。ブラジル人選手、ウルグア人の人選手と攻撃ゾーンで連携プレーを見せたのがセルジ・ロベルト。ムニルとサンドロが7試合連続で右サイドのアタッカーの位置で先発したあと同ポジションを担当した。

イニエスタのほか、フェルメーレンがバルセロナ選手としてチャンピオンズで初めてプレーした。18分にはイバン・ラキティッチが負傷しムニルと交替した。これによりセルジ・ロベルトが本来の中盤の位置へ移った。

戦術的に修正を加えなければなかったもののバルサの試合支配は変わらず、ゴールだけが足りない展開に。そして先制点は30分に訪れる。ムニルに対し相手選手が犯したPKをネイマールが無駄にすることなく決めた。

こうしてバルサがリードを手にし、カンプ・ノウのファンのボルテージが上がる。このあとアドリアーノがあわやのシュートを放ったが、シュートはポストに当たった。前半の最後にはテア・シュテーゲンが相手選手を置き去りにしてプレーの起点になると、一連のチームプレーでネイマールJrのヘディングシュートであわや追加点というシーンもあっ

FCバルセロナが着実に欧州戦線で前進している。水曜日の試合ではネイマールJr(2)とルイス・スアレスが再びゴールしBATEボリソフを3−0で下した。この勝利はロス・クレスの決勝トーナメント進出を限りなく現実的なものにした。グループEで勝ち点10とし、グループリーグを2試合残している状況でASローマ(5)とバイエル・レバークーゼン(4)を大きく引き離している展開。唯一の不安材料はラキティッチの怪我となっているB

試合開始早々からFCバルセロナが勝ち点3を手にしない結果というのは考えにくい状況にあった。ピッチのあらゆる局面で相手を上回り、ロス・クレスはすぐに得点機を生み出して行った。先発復帰したイニエスタがチャンスを作り出し、4分にスアレスがシュートを担当。ブラジル人選手、ウルグア人の人選手と攻撃ゾーンで連携プレーを見せたのがセルジ・ロベルト。ムニルとサンドロが7試合連続で右サイドのアタッカーの位置で先発したあと同ポジションを担当した。

イニエスタのほか、フェルメーレンがバルセロナ選手としてチャンピオンズで初めてプレーした。18分にはイバン・ラキティッチが負傷しムニルと交替した。これによりセルジ・ロベルトが本来の中盤の位置へ移った。

戦術的に修正を加えなければなかったもののバルサの試合支配は変わらず、ゴールだけが足りない展開に。そして先制点は30分に訪れる。ムニルに対し相手選手が犯したPKをネイマールが無駄にすることなく決めた。

こうしてバルサがリードを手にし、カンプ・ノウのファンのボルテージが上がる。このあとアドリアーノがあわやのシュートを放ったが、シュートはポストに当たった。前半の最後にはテア・シュテーゲンが相手選手を置き去りにしてプレーの起点になると、一連のチームプレーでネイマールJrのヘディングシュートであわや追加点というシーンもあった。

アシストと得点

後半に入っても試合の流れは特に変わらなかった。チェルニクがバルサのセットプレーからの得点を阻んだ。しかしその数分後に2点目がもたらされる。ベラルーシのチームの攻撃のあと、セルヒオ、ネイマール、スアレスのコンビプレーで鮮やかなカウンターを締めくくった。

試合終盤に今度はその役割を変えてみせた。今回はウルグアイ人選手がブラジル人選手のゴールをお膳立てした。先のフェタフェ戦で9番と11番の選手がFCバルセロナの勝利を確かなものにし、決勝トーナメント進出をほぼ手にしている。


上に戻る