fcb.portal.reset.password

ゴールを祝う三人/ MIGUEL RUIZ-FCB

ジョアン・ガンペル・トロフィーは、ホームにとどまった。FCバルセロナは、公式的なチームのお披露目で、サポーターの前に AS マを3-0 で制した。バルサファンにとっては、完璧な夜となった。プレー内容は昨季を思い起こさせるものであり、ネイマールJrとメッシは優の成績と共に戻ってきた。そして3得点目は、ラキティッチが決め、バルサにガンペルをもたらし、欧州スーパー杯、スペインスーパー杯に向かって弾みをつけることになった。唯一のマイナスは、ジョルディ・アルバの負傷だ。


ルイス・エンリケは、この忘れられない週を終え、スタメンから、三人組を据えた。プレシーズン最後の試合で、ネイマールJrとメッシがデビューし、これ以上はないというお披露目となった。二人して、ローマを相手にゴールを決めたのだった


ネイマールJrのゴールは、26分に決まった。メッシがプレーを見事なまでに操り、マテューへパスを出し、マテューがネイマールにアシストを送った。ネイマールJrは、押し込むだけだった。
2-0 は、ハーフタイムになる前に訪れた。今回は、右サイドからのプレーをメッシが決める形となった。後ろに控えていたネイマールとのコンビネーションも健在だった。カンプノウは、この最高の夜を楽しみ、何度となくスタンドにはウェーブが起きた。

ラキティッチだけが残った。そのラキティッチが3得点目を決める選手となった。このゴールはチームプレーからのものでなく、右足を振り抜いたそのポテンシャルあふれるシュートのおかげだった。


終盤、イニエスタとペドロが良い試合を見せたが、最後の最後に最悪のニュースが待っていた。ジョルディ・アルバの負傷だ。バルサのサイドバックは、違和感を感じて75分にピッチから離れ座あるを得なかった。ハイロビッチが代わりにその場所に入った。その残念な負傷のニュースはあったが、ガンペルの祭典は、バルサカラーで終わることになった。é.

 

上に戻る
_satellite.pageBottom();