fcb.portal.reset.password

日本に到着したバルトラとスアレス / MIGUEL RUIZ-FCB

FIFAクラブワールドカップ参加のため出発していたFCバルセロナが日本へ到着した。ここでルイス・エンリケ監督率いるチームは今年5つ目のタイトルを制覇を目指す。一行を乗せたMH8170便がバルセロナ、エル・プラット空港を日曜日に出発し、13時間16分のフライトを経て東京、成田空港に到着した。 (バルセロナ時間の夜中) 現在日本とバルセロナの時差は8時間あり、日本時間8時に雨の中の到着となった。
長時間のフライト後、バルサ一行は休憩を取るためそれぞれのホテルに向かった。 (選手と監督・コーチ一行は横浜、クラブ運営陣は東京) ルイス・エンリケ監督率いるチームは横浜三ツ沢スタジアムにて初練習を行う予定だ。(18:30 日本時間) 木曜日には同スタジアムで準決勝が行われ、広州恒大と対戦する。(19:30 日本時間、11:30バルセロナ時間)

ブラウグラナの遠征

この大会に召集された選手は23名 で、トップチームからは怪我のため長期離脱中のラフィーニャ以外全員、ユースチームからサンペルとグンバウ の2名が来日。またアルダ・トゥランとアレシ・ビダルも同行し2015年最後のタイトルを狙うサポートにまわる。
クラブ運営陣と強化担当ロベルト・フェルナンデスを筆頭に、ジョルディ・カルドネル、 ジョルディ・メトレ、 ジョルディ・モッシ、ハビエル・ボルダス、シルビオ・エリアス、 ディダック・リー、, ジョセップ・ラモン・ビダル-アバルカ、パウ・ビラノバ、ジョルディ・カルサミグリア、マリア・ティシドール、エンリケ・トンバス、エミリ・ロウサンド、ウリオル・トマスの役員、また、カタルーニャ自治政府スポーツ局理事イバン・ティバウ、カタルーニャ・フットボール連盟会長アンドレウ・スビアスも同行した。


FC Barcelona squad en route to Japan by fcbarcelona
上に戻る