fcb.portal.reset.password

セビージャ戦でのネイマール / MIGUEL RUIZ-FCB

サンチェス・ピチュアンでの2-1は、ずっとバルサが誇っていた記録を破ることになった。以下、この試合をデータを通して振り返ってみよう。 

バルサは、セビージャのホームでで 2006/07以来、負けていなかった。 最後のその際のスコアも、2-1だった。


バルサは、リーグ戦において、セビージャのスタジアムでこれだけ、長期間、負け知らずだったことはなかった(8年間


ウナイ・エメリーは、FCバルセロナを前に過去に21試合戦っており、今回が初勝利だった。それまでの内訳は、6分け14敗。


セビージャは、バルサとの対戦で、過去最悪の記録を作っていた: 12試合連続で勝つことができずにいた


ポゼッション はバルサが上で前半は 56% 、後半は67%をしめていた。 


バルサは、 442回、パスを通した。  一方のセビージャは 246回。


最も多くボールを取り返したフィールドプレーヤーは、ハビエル・マスチェラーノ (11)


ネイマール Jr. のシュート数は最多 (5) でセビージャの全シュート数に匹敵した。


ブラジル人フォワードは、 el 試合中、最もプレーに参戦した数が多かった (91).

上に戻る