fcb.portal.reset.password

マラガで7試合連続無敗を達成したバルサ/ MIGUEL RUIZ - FCB

マラガのスタジアム、ロサレダで、バルサは暫定首位を手にした。その試合のハイライトデータは、下記から。

- 24試合連続無敗. 最後にバルサが負けたのは、10月3日、サンチェス・ピスチュアンでのことだった。その時以来、ルイス・エンリケは、5分け19勝をあげている。この24試合連続で無敗の’記録は、 2005/06にフランク・ライハールトが20勝4分けで記録して以来のことだ。ここから後に続く記録は、1973/74 年(27)のライヌス・ミチェルス、2010/11年 (28)のペップ・グアルディオラの記録だ。


- 早い時間のゴール. バルサは、前半1分という速い時間に先制点を決めた。これほど早い時間にゴールを決めたのは、 2008年にサミュエル・エトーがウエルバを相手に決めたゴール以来だった。

マラガ戦でのムニルのゴール (0-1)


- ムニルの好調ぶり. ムニルは、1月に入って好調ぶりをみせており、国王杯とリーグ戦を合わせて、10日間の間に3試合に参戦し、全試合でゴールを決めている。エスパニョールを相手にした国王杯とサンマメスでのビルバオとの試合だ。2016年に入って、既に4得点を決めている計算となる。


- 無失点575 分. クラウディオ・ブラボの無失点記録は、6試合連続−広州恒大、リーベル、ベティス、エスパニョール、グラナダ、アスレティックーで続いていた。マラガでは、32分まで続けていたが、フアンピのゴールを守り切ることはできなかった。それでも、バルサの勝利の鍵となり、この試合で8回のセーブをみせ、88,9% の効率をバルサに移籍してから証明している。

ブラボのアクション。黄色の三角形がクリア。緑が成功したパス


- 再び、アドリアーノ. 興味深いことに、アドリアーノは、再び、メッシにアシストを送った。4年と1日前に、ロサレダでレオ・メッシにアシストを送ったのも、アドリアーノだった。

アドリアーノのアシストからメッシがゴールを決めた (1-2)

上に戻る