fcb.portal.reset.password

チームは再びセント・ジョージズ・パークへ/ MIGUEL RUIZ - FCB

セント・ジョージズ・パーク上空からの施設の写真 / FA

イングランド中部にあるスポーツ施設、セント・ジョージズ・パークが改めてサッカートップチームのプレシーズンの‘ステージ’となる。ルイス・エンリケがベンチ指揮を始めた最初の年、2014/2015シーズンに続く同地での合宿。今年は72530日の予定で、続いてチームは30日ダブリン(アイルランド)へ移動しプレシーズン最初の親善試合、インターナショナル・チャンピオンズ・カップのセルチック・グラスゴー戦を戦う。

セント・ジョージズ・パークはイングランド協会(FA)の主要施設で、イングランド中部バーミンガム近くにある。イングランド24チームの練習場であり、サッカー、スポーツ、ビジネスの主要拠点となっている。イングランド国立公園内にある330ヘクタールの敷地を持つ。また施設内には特にエリートチームの準備を想定した最新鋭の設備が揃っている。

この中には105×68mの人工芝の屋内ピッチ、屋外にはピッチ13面、陸上トラックのほか60×40mのフットサル用屋内ピッチ、ゴールキーパー専用の練習スペース、ウォーミングアップゾーン、20度の角度があるランニングゾーン、分析・ミーティングホール5つ、スポーツ・メディカルセンター、228室を有するホテルが備わっている。

FC Barcelona vuelve a St. George's Park por fcbarcelona

確定している親善試合

30日ダブリンでの試合のほか、2試合が決まっている。一つは8月3日、ストックホルムのフレンズ・アレーナでのレスター戦。もう一つは8月6日のリバプール戦(会場未定)。同じく今後決定されるのがジョアン・ガンペル杯の日程。このゲームが2016/17シーズンのチームのお披露目になる。プロサッカーリーグ機構とスペインサッカー協会の合意によりリーガ開幕は821に決まった。

上に戻る