fcb.portal.reset.password

 

セルタのピッチで最後にゴールを決めたのは、29節でのできごとであり、バルサは、リーグ戦首位をキープするために、どうしても勝利が必要な状態だった。バルサにとって、快適とは言い難いその真逆の試合が行なわれていたが、その中で、ジェレミー・マテューがヘディングを決めた。73分にサイドから受けたパスを受けて、マテューは、その後、タイトルへとつながる貴重な勝ち点3を手に入れることになったのだ。

バライドスのスタジアムで、バルサが容易に点を入れられたことは、殆どない。その1年前、試合は最終的に0-3で終わったものの、その前半は非常に互角な内容だった。2012/13年のシーズンは、試合はドロー(2-2)に終わっている。過去にバルサがセルタのピッチで対戦している49試合中、その内訳は20勝13分16敗だ。

上に戻る