fcb.portal.reset.password

デニス・スアレス、メッシとの試合で (15/16) / MIGUEL RUIZ - FCB

バルサ Bでのデニス・スアレス (13/14) / ARXIU FCB

デニス・スアレス、マテューとの試合で (14/15) / MIGUEL RUIZ - FCB

もし、サプライズがなければ、デニス・スアレスは、来季、2016/17年のFCバルセロナのトップチームに加わる最初の選手となる。今週、行なわれた記者会見で、強化担当のロベルト・フェルナンデスが、そのように明かした。

強化担当は、現在、所属しているビジャレアルに既にその旨を伝えており、7月1日にビジャレアルは、2014年の夏から、外で経験を積んでいた選手を正式にバルサに戻すことになる。.

スアレスは、チームを変えながら、成長を続けて来た。その間に得た最も大きなタイトルは、2015年にセビージャと共に手にしたヨーロッパリーグだ。スアレスは、セビージャで46試合に参戦し、6得点を決めている。

その翌年、ビジャレアルに8月から移籍し、そこでは48試合に参戦し、5得点を決め、トップレベルのサッカーを味わうことになった。

  セビージャ (14/15)   ビジャレアル (15/16)
  PJ PT GF AG   PJ PT GF AG
リーグ 31 16 2 4   33 25 4 4
ヨーロッパリーグ 9 3 3 -   13 11 1 7
国王杯 5 5 1 1   2 - - -
欧州スーパー杯 1 1 - -   - - - -
合計 46 25 6 5   48 36 5 11

* PJ= 試合出場数 / PT= スタメン出場/ GF= ゴール / AG= アシスト
データ提供は Opta

バルセロナへの復帰

このようにして、デニス・スアレスは、 2013/14同様、再び、バルサのユニフォームを着るべく、チームに戻ってくることになる。マンチェスターシティから着たミッドフィルダーは、非常に目に付く活躍をし、バルサBで36試合に参戦した。また、7得点10アシストをその中で決めた。その才能は、トップチームのクラブからの目を惹くことになり、2014年、バルサはセビージャにレンタル移籍を行ない、その翌年は、ビジャレアルへ送ったものの、常に買い戻しできるオプションを維持し続けていた。そのオプションは、2年後の今年、施行されることになる。 

上に戻る