fcb.portal.reset.password

プレミアリーグ優勝を祝うチェルシー/ CHELSEA FC

ジョゼ・モウリーニョが自身のイギリス首都への復帰からチェルシーでの2シーズン目に向かう。ロマン・アブラモビッチが所有するチームはプレミアリーグカーリング・カップの現役チャンピオンで、今季はチャンピオンズリーグの優勝を主要な目的にしている。「僕らはタイトルを狙うだけのファンタスティックなチームを作った」と元アスルグラナ選手のセスク・ファブレガスは話している。

光と陰

チェルシーは1955年に最初のリーガ優勝を果たしここまで通算で5回王座についているが、米国協会のプレッシャーにより最初の欧州大会には出場できなかった。現在のクラブオーナー、ロシア人のロマン・アブラモビッチのもと20052006にリーグタイトルを獲得、チェルシーは第二次世界大戦以降のイングランドで5番目となるプレミアリーグ連覇を果たした。2008年の決勝、マンチェスター・ユナイテッド相手にPK戦で敗れたあと、スタンフォード・ブリッジを本拠地とするチームは2012年の決勝でバイエルン・ミュンヘンとのPK戦を制した。

痛恨の敗退

アスルグラナスとブルースの対戦はFCバルセロナにとってあまり良い思い出がない。2011−12シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝、当時ペップ・グアルディオラが監督を務めていたチームは2試合合計2−3で敗れた。ディ・マテオのチームは初戦1点リードでカンプ・ノウに乗り込み、試合は一時セルヒオ・ブスケッツアンドレス・イニエスタにより逆転したものの最終的には引き分けに終わった。

ロンドンの3人のスター選手

昨季プレミアリーグで最優秀選手に選ばれたエデン・アザールは世界最高クラスの選手の一人の地位を固めた。一方セスク・ファブレガスはロンドンのピッチ中央部で盟主、王様となっている。またコスタはイングランド初年で素晴らしい結果を出したものの、抱える筋肉不良を克服しより良い2年目を過ごすことを望んでいる。


上に戻る