fcb.portal.reset.password

チャンピオンズのライバル

バイエルン・レバークーゼン、ASローマ、BATEボリソフ、この3チームが、FCバルセロナがグループE にて 2015/16のチャンピオンズリーグで戦う対戦相手だ。ルイス・エンリケの率いるチームは、タイトルを守る側として、ミランへの道を歩み始める。最初は、ドイツ、そして、イタリア、ベルルーシへと向かう。

バルサの対戦相手となる3チームの特徴は下記のとおり:

バイエルン・レバークーゼン

レバークーゼンは、ラッツイオを前に結果をひっくり返して、3年連続で、グループリーグ出場を決めた。昨季、ブンデスリーガの最後に4位に終わり、再び、ベスト8入りを果たし、ここ2年間、目標を達成している。ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)とドルミッチ(メンヒェングラードバック)を失ったものの、この夏、中盤をチリ人アラングイスで補った。その他にも、ハカン・チャルハノール、カリム・ベジャラビなどがいる。

AS ローマ

二回連続でサブチャンピオンになっていることが、ローマをイタリアサッカーにおけるベストチームの一つであることを語っている。ルディ・ガルシアのチームは、FCバルセロナとジョアン・ガンペル杯でライバルとなり、その際は、バルサが3-0で試合を制した。ベテランのキャプテン、フランチェスコ・トッティに引きつられ、この夏の補強には、GKのシュチェスニー(アーセナル)、ミッドフィルダーのゲルソン(フルミネンセ)、イアゴ・ファルケ(バルサで育っている)、FWエディン・ジェコ (マンチェスターシティ)などがいる。また、元バルサの選手、セイドウ・ケイタも、デ・ロッシやピアニッチ、ナインゴランなどと共に中盤を形成している。

BATE ボリソフ

ウクライナのチームは、ベオグラードのパルチザンを制し、この5年間で4度目のグループリーグ出場を果たした。ベルルーシにおけるサッカーでは、9回、リーグ優勝を手にし、10回目を手に入れる寸前だ。アリャクサンドル・イェルマコヴィッチが監督としてチームを率いており、選手にもとバルサのアレクサンデル・フレブがいる。最大の武器は攻撃でフォワードのヴィタリ・ロジオノフだ。

上に戻る