fcb.portal.reset.password

Gol de Suárez a Roma / MIGUEL RUIZ-FCB

結果は、プレー内容を表していなかった。バルサは、チャンピオンズリーグのデビュー戦でドローを喫した。ローマのスタジアムでのドローは、悪くない結果だと考えられるが、もっと、より良い結果にふさわしい内容を現チャンピオンは示した。何度となくチャンスを手にして、先制点を決めたものの、ローマが同点弾を決め、それが最終スコアとなった。更にバルサは、ラフィーニャを負傷で失うことになった(バルセロナに戻ってから、より、詳細検査が行なわれる予定だ)

両チームとも最初から最後までそのスタイルを崩さなかった。バルサはボールを手に入れたがり、一方のローマは、想像どおり、カウンター狙いでやってきた。あの欧州を制覇した日と同様に、今日もメッシが攻撃を率いた。それにネイマールとルイス・スアレスが続いた。

試合は、バルサのモノローグだったが、フロレンツィがそのモノローグを遮った (30分)。ほぼ、ピッチのセンターからシュートを放ち、テア・シュテーゲンを脅かしたのだ。ホームにとっては、大きな喜びだった。

そのバランスは、ハーフタイムの後、再び、バルサ側に傾いた。メッシが明白なチャンスを二回、スアレスもチャンスを手にした。それから、最初はローマの選手が負傷し、ゴールを控えの手に渡した。デ・サンクティス(48分)が入り、ローマは更に後ろに下がった。バルサはプレスをかけたが、この夜の最悪なニュースをもたらす出来事、ラフィーニャがピッチにたってすぐに負傷したのだた。 (64分).

このプレーから、様子は変わった。バルサにとっては、打撃だった。今回、勝利の女神は、ローマのオリンピックスタジアムでプレーするパルサに、微笑まなかった。バルサは、その動きを止め、プレーを遅くしようとするイタリア勢を相手に苦戦していた。何度となく、攻め、最後まで飽きることなく攻め続けた。77分、メッシのシュートはポストに弾けた最後にジョルディ・アルバがロスタイムにシュートを放ったが、ゴールを割る寸前でディフェンスがそれを搔き出した。。望んだ結果ではなかったが、現チャンピオンズは、ドローでグループリーグをスタートすることになった。

上に戻る