fcb.portal.reset.password

クラシコ前に会見に答えるアンドレス・イニエスタ / MIGUEL RUIZ - FCB

FCバルセロナのキャプテン、アンドレス・イニエスタが、土曜日のクラシコに向けて、記者会見で応対した。レアルマドリードは、カンプノウにリーグ戦31節で戦うやめにやってくる。大会終盤となり、勝ち点が大きな影響を持っているが、アンドレス・イニエスタは、今回のクラシコについて、「リーグ優勝に近づけるために勝ちたい」とコメント。また、両者は互角であり、現在、レアルマドリードとの勝ち点は10点差だが、「クラシコは常に他とは異なる試合だ。その雰囲気からも伝わるし、それ以上のことは何も考えずに勝利を目指す」と勝ち点差などは、考えないと話した。

バルサの'8'番は、「違和感が良くなっている」とビジャレアル戦、スペイン代表での試合を阻んだ違和感について説明し、今季は、個人レベルでもチームレベルでも非常に楽しんでいると認めた。また、チームの代表として、イニエスタは全大会で生き残っていることで、非常にチーム全体が幸せに感じており、「シーズンを最高の状態で終えたいというやる気と期待」で満ちていると話した。 

土曜日(現地時間20時30分 ) にカンプノウに訪れるレアルマドリードについては、「第一戦とは異なるライバル」となると考えており、「お互いを良く知っているし、人々が試合を楽しめる」ゲームになることを望んでいると話した。

試合は、代表戦から帰ってきた状態で行なわれるが、「最高の舞台とはいえないが、カレンダー上では、普通のシチュエーションだ」と認め、まだ、グループ練習に加われないでいるチームメートがいることについて聞かれると、「僕らは自分達がやらなければならないことを近いしているし、誰を前に戦うのかも理解している」とつけ加えた。


Andrés Iniesta: "We want to win to bring the... por fcbarcelona
上に戻る