fcb.portal.reset.password

ナイキ・キャンプを尋ねたアレイシ・ビダル / NIKE CAMP

FCバルセロナの選手、アレイシ・ビダルは、今朝、アンドラのナイキキャンプを訪れた。これまで、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツ、マルク・バルトラが行なったそれが、今回は、アレイシの番となった。キャンプに参加した子ども達の質問に答えたが、その質問の一つが、今回の加入選手、アルダ・トゥランについてのものだった。

「選手」は、バルサのようなチームには、とても上手く適応できる。なぜなら、サッカーというものを体の奥深くに持っているからさ。もしかしたら、アトレティコでは証明できなかったプレースタイルかもしれない。アトレティコはボールを多く持つチームじゃないからね」とビダルは答え、「アルダが僕らみんなを驚かす」だろうと信じて「疑っていない」と明言した。カタルーニャ出身の選手は、「二人ともエネルギーにあふれてスタートできるように一生懸命頑張る」ことを約束した。

ビダルは、「エリートクラブでプレーすることは常に夢だし、そのチームがバルサなら、これ以上、プロレベルを臨むことはできない」と話し、また、2015/16年の目標については、「みんなが知っているように、最も高いところを目指す。現在、世界最高峰の選手がいるんだ。今年は全て勝てると既に証明した。バルサのようなクラブでは、常に最も高い位置を目指すんだ」と話した。また、サイドバックは、三冠の秘訣について「ロッカーチームの中が一体になったおかげ」だと信じていると語った。

バルサは特なクラブ

アレイシ・ビダル は、エスパニョールやレアルマドリードのユースカテゴリーでも過ごしたが、バルサへの移籍は、「家に帰る」ことを意味していると話した。「僕はカタルーニャの出身だし、他の2チームでプレーする前は、ここでプレーしていた。既に一緒にプレーしたことのあるチームメートと再び、会えるのはラッキーだ。サッカー的理由で、去らなければならなかったが、ここは常に僕によくしてくれた」といい、「」バルサは常に特別なクラブだった」と付け加えた。

 

 


Aleix Vidal visita el Nike Camp by fcbarcelona

上に戻る
_satellite.pageBottom();