fcb.portal.reset.password

スアレスがフィオレにゴールを決めた/ MIGUEL RUIZ - FCB

バルサは今週の日曜日、インターナショナルチャンピオンズカップをフィオレンティーナとの黒星で終えた。 アメリカでの3試合を終えて、ルイス・エンリケのチームは、今回、イタリアまで遠征し、スペインリーグの元選手が多く集まるチームを前に対戦した。アルテミオ・フランチスタジアムで、バルサは、ベウナルデスキに試合開始から短時間で2点を決められたが、数多くのチャンスをバルサは手にした後、スアレスがすぐに点差を詰めた。ラキティッチ、ペドロ、ムニルが同点弾を決めるチャンスを手にしたが、2-1のスコアは最後まで変わることなかった。この後、バルサは、アスレティックとセビージャを前にしたスーパー杯を戦う前に、ジョアン・ガンペル杯でローマを相手に戦うことになる。

フィオレンティーナは、最初は慎重だったが、最初の数分でバルサを驚かした、とりわけ、右サイドから、スペイン人選手のホアキンとボルはが攻めてきたそのプレーが、ベルナルデスキのゴールにつながった。ラキティッチが幸運試したが、運の女神は、再び、フィオレに微笑んだ。最初は4分、次は12分にベルナルデスキが、最初はバレロの二度目はホアキンのプレーから、バルサのゴールにボールを押し込んだ。まだ、先制点からバルサが立ち直っていない状態のバルサは再び、揺さぶられてしまった。

 

不完全だったリアクション

ラキティッチとルイス・スアレスのコンビは、完璧に機能してスタートした。クロアチア人選手は、飽きずに攻め上がってはアシストを挙げ続け、スアレスはひたすら、ゴールを探し続けた。バルサの'9'は、そのラキティッチのアシストを決めて、点差を詰めることができたが、2-1になってから、更にペドロを始めとし、他の選手も攻め始めたものの、タタルサノのセービングに度々、阻まれた。一方、最初の数分を超えた後は、テア・シュテーゲンのゴールは脅かされることが前半終了寸前のプレーまで、守る必要がなかった。

後半はムニルが入った。イニエスタに変わって入ったムニルは、最初、右サイドバックとして、よく動くセルジ・ロベルトのプレーを生かし、危険を生み出し、主役となった。また、フィオレンティーナは、逃げることなく、カウンターアタックを探し続け、バルサはゴールチャンスを重ねた。疲れが選手に見えて来て、それがリズムを下げることになった。フェルメーレンは、 80分にセットプレーから同点弾を決めるチャンスを手に入れたが、バルサが探し続けた2点目は、最後まで見つからなかった。バルトラ、サンドロ、マシップ、グンバウもプレー時間を後半与えられ、ルイス・エンリケは、他のポジションでも選手を試すことができた。バルサはPK戦に持ち込むためのスペースを探し続けたが、試合のスコアは変わらないまま、バルサはインターナショナルチャンピオンズカップを黒星で終えることとなった。

 

上に戻る
_satellite.pageBottom();