fcb.portal.reset.password

ローマのスタジアムでのメッシ / MIGUEL RUIZ-FCB

ローマ対バルサのチャンピオンズリーグ初戦は、1-1に終わったが、その内容とスコアは一致していなかった。それを証明する統計データの数々を下記からチェック。

バルサのオリンピックスタジアムでのポゼッションは、 72%に上った。 この大会でこの数字を超えた他のチームはない。


チームは、666 回のパスを通した。一方、対戦相手の通したパス数は、189回に過ぎなかった。


PSGのみが、チャンピオンズリーグの第一節でバルサを上回るパス数を誇った(804).


バルサは、ニューキャッスルのホームで戦った1997年から、チャンピオンズのデビュー戦での無敗記録を続けている。


バルサがヨーロッパでの初戦で最後にドローに終わったのは、2011年、カンプノウでミランを前に戦った時だった(2-2).


レオ・メッシは、チャンピオンズリーグで100試合目に到達した。ここまで 77ゴールをマークしている。


ルイス・スアレスは、バルサの選手として50試合目を迎えた (28ゴール) スアレスは、今季の公式戦で唯一、全試合スタメンとなった選手であり、全試合フル出場している。


ジェラルド・ピケは、ローマで最も多くのボールを取り返した (14).


バルサのセンターバックは、この試合で最も多くのパスを通した選手でもあり、その成功数は、111回中l107回だった。

上に戻る