fcb.portal.reset.password

イニエスタ、ベルギーでのデビューから13年 / FCB

[[DES_1]]

2002年10月29日から、 2015年10月29日まで、13年の月日、 正確には4.748日が流れた。アンドレス・イニエスタが、バルセロニズム、そしてワールドサッカーの指針となrのに十分な時間だった。バルサでのトップチームでデビューした日は、遠い出来事になった。チャンピオンズリーグでのブルージュとの試合であり、当時、18歳の若手選手は、背中に34番を背負っていた。最後のタイトル、欧州スーパー杯を獲得した時、その優勝杯を持ち上げる背中には、8番が輝いていた。

この13年間、アンドレス・イニエスタは、558試合を消化し、53ゴールを決めた。そのプレービジョンと素晴らしいボールさばきで、中盤の選手として定着し、トップチームでの最多出場ランキング3位を占めている。前にいるのは、シャビ (767)とプジョル (593)のみだ。最も有名なイニエスタゴールは、 2009年のチャンピオンズリーグで決勝へのチケットを与えたスタンフォードブリッジでのゴールだ。

カルロス・ナバル: 「フアン・ハールは、‘ピッチはあそこだ、プレーして来い’と言った」

イニエスタは、フエンテアビラの家族と遠くは慣れて、マシアで育った。I el 5 de febrero de 200125日、トップチームへの道を歩み始めた。セラ・フェレルの元、最初の練習を行ない、その翌年、フアン・ハールの指揮下、夢を現実にした。バルサの公式雑誌, i 'Revista Barça' で後にその日を振り返って語っている。: 「あの日はとても快適だった。もう、進出は決まっていたから、多くのバルサBの選手と共に遠征した。公式試合でのデビューという夢を果たし、フアン・ハールにお礼を言ったよ。シーズン最初から、彼らと練習していたし、いい試合ができたと思う」

イニエスタはスタメンで出場し、その日の試合で最も良いセンセーションを与えた一人だった。バルサは、リケルメのゴールで勝利を手にした。「背番号34で出たのを覚えている。そこで監督が彼に言ったんだ。‘ピッチはそこだ。プレーして来い’」カルロス・ナバルはそう振り返る。イニエスタは、ピッチでその存在感を示し、0-2のゴールを決める寸前だったが、枠を捉えずに終わった。

進出を決めていたチームで、フアンハールは、イニエスタとトルトレロ、セルヒオ・ガルシア、ダビッド・サンチェスをスタメンとして使った。この試合では、マシア出身のプジョル、ガブリ、フェルナンド・ナバロ、ジェラルド・ロペスもピッチに立っていた。現在、バルサBの監督は、‘僕らの多くはホーム出身だった。僕らは試合に勝ったし、多くのマシア出身者で勝ったことも大事だった’と語っている。


13 años del debut de Iniesta by fcbarcelona

負傷からリハビリ

イニエスタは、デビューから13年目の日をトップチームでの練習を行ないながら、迎えた。気持ちは、ヘタフェ戦にロンでいる。10月はグループ練習に参加しているが、まだ、医師からの完治通告は受け取っておらず、右足の負傷のリハビリを続けている。


上に戻る