fcb.portal.reset.password

Xavi Hernández en un acte comercial / FOTO: Arxiu FCB

去る水曜日に10人のバルサ選手がコマーシャル行事に集合、この中の何人かがチームの近況やルイス・エンリケ率いるチームの今後について語った。トップチームからはチャビ、ラキティッチ、ジョルディ・アルバ、テア・シュテーゲン、ドウグラス、ラフィーニャが、バルサBからはアダマ、ハリロビッチ、ムニル、サンドロが、国王杯の勝ち抜けを決めた後の行事に参加した。

チャビ・エルナンデスがキャプテンの役目を果たしコメント、短期・長期的な展望に前向きな見方を示した。「僕らはすべてのタイトルを狙って行く。難しいことは分かっている。でも全力を尽くす」と断言した。「僕らは正しい道を進んでいる。チームはしっかり練習していて、良い方向にいくだろう」と付け加えた。個人的にはチャビは「キャリアの最後に近づいている」と言うが、「初日のころと同じ希望」をキープしているとしている。この点で「サッカーと、世界最高のクラブでプレーしているっていう情熱をもってモチベーションを維持する」とコメントした。どのカンテラ選手にとっても模範になるのはレオ・メッシ

アスルグラナのキャプテンは若手選手が担っている役割についても非常に意欲を高めるものだと考えている。「それは昨日の試合を見さえすればいいこと」と、8−1と大勝したウエスカ戦を引き合いに出した。ゴールラッシュに関わりイベントにも参加した選手が数人いた。その中の一人が、トップチームで初得点を挙げたアダマ。自身は「ゴールし、興奮した」としている。さらにアダマは幼い頃のアイドルがロナウジーニョとロナウドだったとしたが、「どのカンテラ選手にとっても模範になるのはレオ・メッシ」だと説明している。

今年夏に新加入した2選手、イバン・ラキティッチテア・シュテーゲンは今後バルサに控えている試合について質問に答えた。クロアチア人ミッドフィールダーは土曜にカンプ・ノウであるコルドバ戦に集中している。「勝ち、僕らのファンに喜びを与えて良い形で年を締めくくるのは大事なこと」。一方ドイツ人ゴールキーパーはマンチェスター・シティと対戦することになったチャンピオンズリーグの組み合わせについて話した。「考えられるうちで最もハードな試合の一つ。勝ち抜けを望むのだったら僕らはしっかり集中し、準備しなければならない」と結論付けた。

上に戻る