fcb.portal.reset.password

Xavi Hernández, a punt per a l'inici de Lliga / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

チャビ・エルナンデスが記者会見に臨み、およそ一ヶ月の準備期間のあとバルサのリーガ試合デビューを目前に控えてチーム発足当時より気持ちの高まりがあるとした。「僕自身、初日よりモチベーションが高くなっている。なぜなら目の前で起こっているのは好ましいものなんだから」。バルサのキャプテンは、チームがルイス・エンリケの指揮のもとでしっかりと練習を積んで来ているとしている。「チームがどういった練習をしているのかっていうのを見れば、見通しの明るさが見て取れる」とアスルグラナ選手。日々の練習のトレーニング一つ一つにクリアすべきはっきりした目的があると言う。簡単にはタイトルを勝ち取れないと知っているチャビだが、新シーズンに向けてとても良い感触を得ている。バルサは毎年少なくとも一つの重要なタイトルを勝ち取るのに相応しい存在」

アスルグラナの選手はカン・バルサで17シーズン目を迎えるが、初日と同じ希望を胸に秘めている。「特別な希望があり、シーズンを始めて行く意欲が僕らにはある。僕らは良いプレシーズンを過ごし、良い形で監督に適応して来ている」。クラブをよく知っており、要求のレベルは最大限だということは分かっている。「昨年僕らは目標を達成しなかったということは分かっている。バルサは毎年少なくとも一つの重要なタイトルを勝ち取るのに相応しい存在」とチャビは話している。重要な存在であり続けるため取り組んでいる。監督が決めることだけど、僕としてはあらゆることに準備していて、あらゆる状況を受け入れて行く

個人的には、タラサ出身の選手はレギュラーの座を勝ち取るため、試合ごとに戦って行くとしている。「重要な存在であり続けるため取り組んでいる。監督が決めることだけど、僕としてはあらゆることに準備していて、あらゆる状況を受け入れて行く」。自身のポジションには競争があるとはいえ、チャビは「シーズンは長く、たくさんの試合がある」「チームのすべてのポジションが大事。それがバルサなんだし、僕にとって新しい事態ではない」と言う。

最後に、チームがいいシーズンを送りそうだという考えの根拠になっているのは現在形勢しているチームの人間的な部分だとチャビは説明している。「僕らはサッカー的、人間的にとてもいい人材を補強して来た。人間的なレベルはここ数年でも突出している。共存と調和はファンタスティックなもの。結果はこれから出るけど、このグループの基本の部分が素晴らしいって思いはみんなが持っている

上に戻る