fcb.portal.reset.password

カンプノウでのシャビとのお別れ / MIGUEL RUIZ-FCB

バルサファンは、シャビ・エルナンデスと5月23日にリーグ戦最後の試合、デポルティーボ戦でお別れを告げた。バルサのキャプテンは、この特別な一日を写真と共に、バルサの公式雑誌、 REVISTA BARÇAで振り返った。 


「 'ティフォtifo'を見て、感動したよ。『こんなすごいスタートで始まって、ここから先は、一体、どうなるんだよ』と思ったよ。まだ、ここから後、リーグ優勝杯を持ち上げる状態だったのに。本当にスペクタクルだったよ!」


「この写真はすごいよね!クラブが僕のお別れ会の日にくれたこのプレゼントは、すごく気に入ったよ。僕のミュージアムに飾るよ!」


「レオに僕に蹴らせてくれと頼んだ。僕が蹴ったフリーキックの中でも最低なものだった。雲の上にいってしまったけど、ナーバスになっていることによって起きることだよね」


「アンドレスとの交代は、僕にとって嬉しいものだったし、その時点で感動したよ。僕の人生を表現するものだったし、あの最後の瞬間は本当に素晴らしかった。10点満点だった」



「僕は他のことに集中していて、アンドレスがキャプテン章をつけるためにやってきて、キャプテンとして試合を終えた。そういったことはサッカー界での敬意であり、人としての敬意を表する意味がある。僕は自分の仕事を槍終えたという気持ちでとても落ち着いて去って行くし、このロッカーに素晴らしい人々から成る偉大なグループが残るのだから、安心している。この数日、全チームメートからは敬意を受け取ったし、彼らの不在を感じることになるだろう」



「自分が一つの仕事を終えたという気持ちと、ロッカー内の素晴らしい雰囲気を残して、僕は安心して去って行く」


「ウイニングランを一人でするのは、勇気が必要だった。僕は恥ずかしがり屋だし、一人だったからね。でも、人々が拍手を与えてくれて、名前を叫んでくれたのは、本当に素敵な経験だった。鳥肌がたったよ」



「家族がVIP籍にいて、ヌリアが泣いているのを見て、僕も感動したよ。何年もの出来事の積み重ねであり、全てが簡単なわけではなかったけれど、彼らはいつもそこにいた。彼女は僕の人生において最も大事な人だし、僕らはこれから両親になるんだ」


「前に考えていた。もっと落ち着いたら、みんなでリーグ優勝カップと共に写真を撮ろうってね。でも、その後、僕らが撮影されていることに気付いたんだ」


「常に無条件で僕の側にいてくれた友人と家族のみんなだ。サガロの友人グループが欠けているだけだ。ここには、小学校時代から一緒の友達がいるんだ」

上に戻る