fcb.portal.reset.password

Gol de Sandro a Vila-real. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

Messi and Víctor Ruiz / PHOTO: MIGUEL RUIZ - FCB.

バルサは、ビジャレアルのスタジアムにて、リーグ戦二度目の勝利をあげた。いつものように要求度の高い試合を強いて来たビジャレアルだが、試合は完全にバルサがコントロールする形で進んだ。両サイドからポストにあたり、メッシがリーダーシップをとりつつ、進んだ試合は最終的に、リーグ戦でデビューしたサンドロ・ラミレスが決めたゴールでバルサの手に勝利が渡ることになった。

前節に受けた感触は、試合が始まってすぐに再び、戻ってきた。バルサは強度が高く、縦の動きがシャープな試合運びで、試合をコントロールし、ボールを失う度に噛み付くような勢いで取り戻した。殆ど、適地でプレーしており、ラキティッチもラフィーニャもチャンスがあれば、シュートすることを迷うことはなかった。また、ダニ・アウベスのサイドからの攻撃も仕掛けられた。

メッシは輝き、非常に積極的に動いて、バルサを率いた。前半15分、メッシのアシストからペドロが放ったシュートをクリアするために、GKアセンホを空を飛んだ。その直後、ペドロに対し、PKが疑われるプレーもあった。前半最高のチャンスは、メッシが手にしたが、その放ったシュートはポストに弾けた。

一方、ビジャレアルは慎重に、よくオーガナイズされたプレーで、ひたすら、守り、バルサのパス回しのスピードを落とすのに苦心していた。ビクトル・ルイスが一度、最高のチャンスを得たが、それ以外でバルサはビジャレアル最高の武器であるカウンターアタックのチャンスを与えなかった。

前半、苦しまされたビジャレアルだが、後半が始まり、すぐにチェリシェフが左から中心へ攻めたものの、そのパスはマテューにクリアされた。ルイス・エンリケは、相手のバランスを崩すために、ネイマールを投入し、ネイマールがピッチに立つと、チームは攻撃を取り戻した。

70分にこの日の英雄となるサンドロがピッチに立った。ビジャレアルは新たなシュートをポストにピナがポストに当て(71分)、試合の終盤にチャビがコントロールを取り戻すためにチャビが入り、アセンホのゴールは再び、脅かされるようになった。どこにでも現れるメッシが右足でシュートを繰り出し、ポストに当てた(77分)。何度も繰り返された攻撃への報償は、81分にやってきた。ネイマールがメッシに向かってボールを送り、それを手にしたメッシは、絶妙なタッチで相手のGKを交わし、そのボールをサンドロがゴールに押し込んで0-1 をもたらした。

フィジカル的な要求度が高かったにもかかわらず、非常に早いリズムで進んだ。試合の終盤にビジャレアルはドローにする機会があり、バルサも追加点を決めるチャンスもあった。だが、最終的にサンドロのゴールがマドリガルでの貴重な勝ち点3点を与えることになった。

上に戻る
_satellite.pageBottom();