fcb.portal.reset.password

Thomas Vermaelen, a la roda de premsa de presentació / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]トマス・フェルメーレンは、公式的にFCバルセロナの選手として紹介された。ベルギー人選手は、2014/15年の新補強選手としてバルサにやってきたことに、期待感を隠さず、「このクラブに多くを提供できると信じている。僕にとっては目標だ」と記者会見で話した。

スポーツ副会長ジョルディ・メストレと強化担当ディレクターアンドニ・スビサレタが付き添い、記者会見が行なわれた。副会長は合意に達した金額として、固定で1千万ユーロ、実力次第で変化する分が5百万ユーロ、チャンピオンズリーグを制覇した場合は、380万ユーロプラスされると明かした。また、契約破棄金は、8千万ユーロだ。 ここでプレーするのは、多くの選手にとっての夢だ。

バルサのユニフォームを選んだ理由として、「世界最高のクラブの一つだからだ。多くの選手にとってここでプレーするこてゃ夢だ。だからこそ、バルサでプレーすることを決断するのは難しいことではなかった」と答え、また、スビサレタも「多くの重要なオファーがあったにもかかわらず、彼はFCバルセロナを選んでくれた。これは感謝すべきことだ」と話した。 ゼロから始めたい。素晴らしいシーズンになると信じている。

スビサレタは、月曜日にトップチームが週に最初の練習を行なう間、フェルメーレンは現在、回復においてどのプロセスにいるのかを調べる予定だと話した。短期間で回復すると信じている。以前、煩った負傷について聞かれ、新選手は将来について、全く影響しないと答えた。「昨年は負傷のせいで、ちょっとハードだったが、それはどんなスポーツ選手にも起きることだ。ここではもっと強くいられ、多くの試合でプレーできることを願っている」とバルサの‘23番’は付け加えた。また、強化担当ディレクターも「フェルメーレンのフィジカルについては全く疑っていない。負傷から回復できるようにやっている」と話した。

月曜日は、既に電話で話はしているルイス・エンリケと会うが、ルイス・エンリケがスタメンを決めるのに苦労するように、ポジション争いに参加するつもりなのは明らかだ。「ここみたいにビッググラブにくるなら、どれだけ自分が役に立つのかを証明しなければならない。ここには多くの競合がいるが、僕はやる気でいっぱいだ。ここでプレーできるかを自分で証明できるか、それ次第だ」と語った。.

スビサレタは、フェルメーレンを「サイドでもプレーできる左のサイドバック」と紹介したが、選手は、センターバックでプレーする方が快適だと認めている。

更なる補強の可能性

来季に向けての補強が終わったかどうかと聞かれ、アンドニ・スビサレタ強化担当ディレクターは、「私達は現在、手持ちの選手で満足しているが、もし、補強できる可能性があるなら、トライするつもりだ。もし、これ以上、補強ができなくても現況に満足している」と答え、「最高のチームを作るために努力しているし、大会に向けて監督が最高のオプションを手にできるように頑張っている」と付け加えた。

上に戻る