fcb.portal.reset.password

Així ha celebrat el Barça el gol de la victòria de Busquets / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

FC バルセロナは、メスタージャで貴重な勝利を手にした。セルヒオ・ブスケッツが試合のロスタイム、93分に決めたゴールが、その瞬間まで、勝ち点1を分け合っていた両チームの試合の明暗を分けることになった。バルサのミッドフィルダーが決めたゴールが、首位から勝ち点2点差の状況を維持することになった。この勝利で、バルサはカンプノウから離れたアウェー戦で4勝目をあげた。

バランスのとれた力関係

ルイス・エンリケは、8日前にセビージャを5-1でぼろぼろにした時とほぼ同じ顔ぶれでこの試合に臨んだ。唯一の違いは、ラキティッチがピッチにいず、その代わり、マスチェラーノが入り、ブスケッツを右サイド内側に配したことだった。最初のシーソーゲームの後、ロドリゴがシュートチャンスを手にしたが、ブラボがクリアした。バルサのリアクションもすぐにお紺され、ルイス・スアレスは非常に明白なチャンスを前半に手にしたが、そのシュートはディエゴ・アウベスの手に弾かれた。 

試合は、前半20分から少しずつ、ヒートアップした。ピケとバラがンにイエローカードが出され、前半30分を終える時は、バルサのディフェンダー4人ーアウベスを除く全員ーがイエローカードを受けていた。 ハーフタイムをスコアレスドローで迎え、後半に進むことになった。

スアレスとブラボー、試合の主役

試合は後半の最初、より、縦の動きが増したが、バルサは全く快適にプレーできずにいた。時間がたつにつれ、少しずつ、状況が改善され、バルサはルイス・スアレスのゴールを享受するまでになったが、そのゴールは主審に取り消された。スアレスは、その判定に不服であることを示した。その2分後、クラウディオ・ブラボが主役となり、フェグリとの1対1の勝負に勝ち、バレンシアの1-0を防いだ。その後、ネグレドが正面から放ったシュートも再び、ブラボーが救った。

ロスタイムの勝利

最後の10分間は、バルサカラーに染まった。ラキティッチ、ラフィーニャ、ペドロがピッチに立ち、FCバルセロナはディエゴ・アウベスのゴールマウスを攻め続け、何度もコーナーに次ぐコーナー、シュートに次ぐシュートの末に、0−1が生まれた。メッシのセンタリング、ネイマールのシュートをクリアしたバレンシアのGKだが、それを受けてゴールに突き刺したセルヒオのゴールは阻むことができずに試合は、バルサを英雄にして幕を閉じた。

上に戻る