fcb.portal.reset.password

ゴールを喜ぶバルサの選手達 / FOTO: ARXIU FCB

FCバルセロナが2013年9月1日に最後にメスタージャを訪れてから、多くのことが変わった。両チームともそれぞれ、監督が代わり、チームの顔ぶれもリニューアルした。現在、絶好調のメッシが、1年前もバレンシアでその強さをみせたように、バルサは今回もバレンシアを制すべく、気持ちを新たにメスタージャに向かう。現在、オーナーの変わったバレンシアは、リーグの中でもベストホームゲームをみせると評判が高く、バルサにとって、リーグ戦における最もハードなテストになることは間違いない。

ニコシアと同じメンバー

ルイス・エンリケは、このハードなテストを迎えるにあたり、18人の選手を召集した。その顔ぶれは、ニコシアで最終的にピッチにたつことに成った選手と同じだ。フェルメーレンは負傷欠場、監督判断でマシップ、モントヤ、ドウグラス、セルジ・ロベルトとイニエスタが外れた。イニエスタは土曜日に医師から回復診断を受けたばかりだ。マテューやセルヒオ、ネイマールJrなど、キプロスで火曜日にベンチを温めた鍵となる選手が、再び、スタメンになるだろうと予測される。

警戒すべきスタジアム

リニューアルしたヌノのバレンシアは、全選手を手にして試合に望む。先週レバンテとのダービー戦では、欠場したパコ・アルカセルも取り戻した。パコ・アルカセルは、今季のブラックホースとして注目されている。ここまでメスタージャは5勝1分けー2週間前にアスレティック・クラブを相手にーをあげており、リーグの中でもホームでの成績が最も優秀なチームだ。バルサにとって、真剣勝負が望まれる厳しい試験となる。

上に戻る
_satellite.pageBottom();