fcb.portal.reset.password

Luis Suárez, amb l'Audi de la temporada 2014/15. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

El president Bartomeu i el vicepresident Cardoner, a l'acte d'Audi. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

L'equip ha rebut els cotxes Audi. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

FCバルセロナの選手たちが車の運転での新体験を楽しんだほか、アウディ社の最初の充電式自動車に試乗した。A3スポーツバックe-トロンで、自動車界の新しい重要な技術を試すことになった。この催しは2014/15シーズンに選手たちが運転することになる車の贈呈に先立って行われた。

複数のグループに分かれたトップチームの選手たちは、3つの異なる方法で充電するアウディe-トロンチャレンジを行った。この中にはアウディe-トロンバイクというものがあり、アウディが将来的な促進を進めているアウディ・ウルトラ、アウディe-トロン、アウディ・コネクトという3つの技術が含まれた電力推進の試作品となっている。

さらに選手たちはパネル内で反応の正確さや早さを測定するアウディ・バタックも試した。もう一つの選手グループはエネルギーを吸収する特別なボールを使ってのテストを行った。

続いて選手たちは、電動で最高時速50キロまで走ることができる新型のアウディA3スポーツバックe-トロンに試乗した。ハイブリッドの切り替えはそれぞれのモーターを相互作用で作動するようになっている。この乗用車は多くの技術が投入され、将来の都市像にマッチするよう作られている。

マルク・ジェネが行事のホスト役に

アウディのイベントではルマン24時間レースの準優勝パイロット、マルク・ジェネが主催者役となり選手たちに新テクノロジーの長所を説明、名誉ある耐久レースで勝利を収めた車R18 e-トロンの秘密について話した。

さらにトップチームの所属選手とルイス・エンリケ監督に2014/15シーズンの新車が贈呈された。選手たちからのリクエストが集まったのはアウディA7スポーツバックとアウディQ7だった。

ジョセップ・マリア・バルトメウ会長の挨拶

「8年前にFCバルセロナとアウディは単なるスポンサー以上の関係を始めた。ともに業界のリーダーとして共通するものを感じている。我々にとって新しいテクノロジー、先進性、スポーツ性を持ち、日々より良い存在であるよう、発展・成長して行く情熱を共有できるのは喜びであり誇り。e-トロンを駆使したハイブリッド技術を推進していくアウディの試みを我々は気に入っている」

アウディ・スペインのディレクター、ギジェルモ・ファッダの挨拶

「我々の直近の挑戦は、テクノロジーを駆使して街中の移動をスムーズにしていくように進めて行くことで、次なるステップがe-トロンと呼ばれるものになる」


上に戻る