fcb.portal.reset.password

エイバルのチーム最多得点選手の1人、ピオバッカーリ / LFP

バルサは今週土曜午後6、バルサにとって未経験のスタジアム、イプルアでエイバルと対戦する。なぜならエイバルは最近2シーズンで2部Bから2部、そして1部と2度の昇格を果たしており、今季初めての1部リーグを戦っているのだから。ガイスカ・ガリターノ監督率いるバスク州のチームは、シーズン終幕まで12節のところで2部降格ゾーンを回避するポジションを維持している。

以下、リーガ27節のバルサの対戦相手をよく知るためのデータをおさらいする

  • エイバルは現在勝ち点27でリーガ14位、2部好格ゾーンから2ポイント差のところにつけている。ガリターノ監督率いるチームはここまで7勝6分け13敗、総得点26、総失点36で来ている

  • バルサは史上初めて彼らの本拠地イプルア・スタジアムを訪れる。エイバルはホームでここまで3勝3分け6敗。もっとも5000人をわずかに上回る収容人員というスタジアムの性格上から、結果以上にすべてのアウェーチームにとって厄介な場所となっている。


  • 開幕当初の好調な戦いぶりのあと、バスク州のチームは不調期を迎えている。リーガで7連敗を喫し、この間の得点は2点にとどまっている。
  • リーガ26節消化時点で26得点、ピオバッカーリとアルアバレーナの両フォワードがともに5ゴールでチームの得点王。続いてマヌ・デル・モラルとサウール・ベルホンが各3点となっている。
  • 奇しくもそのサウール・ベルホンはエイバルが抱える2人の元バルサ所属選手のうちの1人。アストゥーリアス州出身選手は2010/11シーズンにバルサ下部組織チームに所属し、出場26試合で3ゴールした。もう1人の元バルサ選手はダニ・ニエトで昨年夏にバルサからエイバルに移籍している。
上に戻る