fcb.portal.reset.password

チャンピオンズリーグ決勝進出をチームメイトと祝うチャビ/ MIGUEL RUIZ - FCB

「チャンピオンズのような大会で勝つには欧州最高のチームを上回らなくてはならない」というフレーズは抽選会があるごとに繰り返されているが、今季バルサはベルリンでの決勝にたどり着くまで文字通りそれを証明することになった。これまでの道のりで欧州のビックチームが敗退している。バルサはベスト8 を賭けた対戦で昨季のプレミアリーグ覇者、マンチェスター・シティを破り準々決勝ルイス・エンリケのチームの犠牲者になったのはフランスリーガ1の現役チャンピオン、PSG。さらに準決勝ではドイツ王者バイエルン・ミュンヘンを退けた。

チャンピオンズリーグでのバルサのベルリンでの決勝までの戦いぶりは非のうちどころがないもの。ルイス・エンリケのチームはこれまで12試合のうち10に勝利、チャンピオンズリーグ2節、パルク・デ・プランスでのパリ・サンジェルマン戦で敗れて以降は9連勝を記録。バイエルン・ミュンヘンとの準決勝第2戦では敗れたものの決勝でユベントスと対戦する。

総得点は28、失点はわずかに10で、バイエルン・ミュンヘン(+20)に続く大会2番目の得失点差(+18)。さらにテア・シュテーゲンが守るバルサのゴールは6試合で無失点としている。

以下、ベルリンのチャンピオンズリーグ決勝までのバルサの各種データを列記する:

チャンピオンズでのバルサ
試合数 12
勝利数 10
総得点 28
最多得点選手 レオ・メッシ (10 ゴール)
総失点 10
無失点試合数 6
総シュート数 175
枠内シュート 76
得点率 20,5%
ポストへのシュート数 6
アシスト数 26
パス総数 8.124
成功パス総数 7.174
パス成功率 88,3%
1試合平均のボールポゼッション 61%
被ファール数 157
ファール数 127

* OptaSportによるデータ集計

上に戻る