fcb.portal.reset.password

インタビューでのテア・シュテーゲン / FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB

[[DES_1]] マルク・アンドレ・シュテーゲン は、2014/15年バルサの新顔の一人だった。今季を折り返し、ドイツ人GKは、クラブのインタビューに答え、クラブの適応について、両足を使ったプレーについて、ローテーションについてなどを語った。.

5月にバルサの獲得が明らかになり、6月にはプレシズンをスタトしましたが、その時から6ヶ月が経過しました。クラブには適応できましたか?

「うん、前のチームとはチームも状況も少し異なるけれども、みんな僕が同プレーし、何をしているか見たと思う。全てはかなりうまくいっていると思うよ」

あなたにとって、プライオリティはことばの問題です。スペイン、カタルニャはどうですか。
「かなりの時間をスペイン語の授業に費やしているけれど、会話をするのは難しい。なぜなら、多くの人達がカタルーニャ語を使うし、カタルーニャ語はとても難しいことばだからだ。みんなが話している会話についていけるけれど、直接、僕に話しかけられると、もっと難しい。とはいえ、僕は自分が向上していることに満足しているし、夏までにもっと強化できると思っている」

どうやってチムになじんだのですか。
「わからないよ。チーム全体が僕と一緒に快適に過ごしていると今まで感じている。時間が必要なのはもちろんだ。最初はみんな僕がどういうプレーをするのか知らなかったし、チームも僕を知らなかった。日々、僕らの組織はよくなっていると思うし、チームとして共に成長していっていると感じている」

中でも足を使ったプレが特的です。
「小さい時から、そうやってプレーするようにしてきた。ボールのコントロールをキープできるようにすごく練習を積んでいるし、これが僕のプレーだといつも言って来た。多くの人達がこの僕のプレーに驚いたかもね」

自らを野心的な性格だと思っていますか?
「はい」

どっちの足でプレーするかはどうやって決めるのですか。
「状況によりけりだね。多くの状況が影響するよ。ライバルがどうやってプレスをかけてくるか、どっちサイドを守ってくるか・・・そういった全ての要素によってリアクションを起こすんだ。ここでは右でも左でもプレーできるよう、とても助けてもらっている。全てのパスがうまくいくわけじゃないかもしれないけれど、それぞれの状況で解決策を見いだそうと努力している」

サッカを始めた最初の、ミッドフィルダだったことも役立っていますか?
「その時から長い時間が過ぎたけれど、GKになって最初の頃はそれに助けられたかもしれない。フィールドプレーヤーじゃなかったら、おそらくプレーのシチュエーションを異なった形で見ていただろう。僕が今まで経験してきた全てがポジティブに機能したと思っている」

とても落ち着いた性格のようにえますが、批も褒め言も影したりはしないのですか。
「僕が多くの非難をうけているか、褒められているかについて、あまり考えないわけじゃない。でも、僕にとって大事なことは、僕がどうだったかという問題は別にして、試合の分析なんだ。それに僕を信用していくれている人達の意見を評価している。GKコーチのデ・ラ・フエンテとかね。そこから僕自身の結果を導くようにしている」

ムはディフェンスでも完璧に近付いていますが、成功の秘は?
「僕らのチーム作りがいいのだと思う。高い位置でプレーし、づピーでぃにプレスをかけ、全員で動くように努力する。そこにはキーパーも含まれる。これが僕らの方程式で、機能しているんだと思う。アトレティコでは2失点があったけれど。それに僕らは必要とあればディフェンスで耐えることも証明している。この調子で進めば、それぞれの大会で生き残れる確率は高くなると思う」

今まで、クラウディオブラボがリでのスタメンで、あなたは国王杯とチャンピオンズリグでスタメンをはっていますが、それについてはどう思いますか?
「難しい状況だ。僕は常に全試合でスタメンでプレーしてきたし、それが僕の目標だ。クラウディオ・ブラボはリーグ戦でよくやっているし、それが監督の決定であれば受け入れるが、僕はあきらめずにトライし続けていくよ」

この期けたはつらく、ったは最高にいいという状て来たと思いますが、そういった端さはドイツと比べてどうですか。
「決定的に違うよね。僕はまあまあの試合をしたことはない。最高にいいプレーするか、プレーが良くなかったかどっちかだ。こういったシチュエーションに慣れることはできる。ここでは、そういうものなのだから。僕は自分がプレーした試合で自分自身の決断を下しているよ」

バルサのリーグ、チャンピオン、国王杯での可能性について話してください。
「ここで集中力を欠いてはならない。そうすれば、必ず、到達できるだろう。そのためには、僕らは試合で勝ち続けなければならない。国王杯とチャンピオンズリーグは運も大きな要素になるが、幸運は探すものだと思って、僕らは努力を続けている」

ビジャレアルとマンチェスタシティとしいに合が待ち受けています。
「可能性はあると思う。僕らが毎日やっていることをやらなければならない。つまり、良い内容のサッカーをして、堅守を崩さなければ、ビジャレアルとシティを下して進出できる可能性はある」


Ter Stegen: "Puede que haya gente sorprendida... per fcbarcelona

バルセロナへの適応

バルセロナを訪ねて知ることはできましたか?
「僕の家族と友人は、僕よりもできていると思うよ。少ししか探検できていないんだ。彼らにとっては、町の中を散策できるのは大きな楽しみだ。僕よりよっぽど詳しいよ」

チには行きましたか?
「うん、何度かビーチには行ったよ。犬を連れてね。でも、まだ泳いだことはないよ。

特にこれが美味しいとにいった食べ物はありますか?
「考えないと・・・。食べたことがなかったけど、今では好きなものはたくさんあるよ。だいぶ、ここに来てから時間が経つから、今では魚介類とそれに関するものが好きだといえるかな。ここでは新鮮な魚介がある。ドイツではそれは難しかったからね」

上に戻る