fcb.portal.reset.password

PHOTO: FIFA.COM

ルイス・スアレス、コスタリカ戦 FOTO: auf.org

ルイス・スアレスは、ウルグアイ代表と238日ぶりにプレーした。モンテビデオで行なわれたコスタリカとの親善試合で、バルサのアタッカーは、3-3で引き分けたこの試合での得点者の一人となった。

49分、 'セボージャ' ロドリゲスが左からセンタリングをあげ、スアレスは正面からフェイントをかけつつ、攻撃し、胸でコントロールするとケイロス・ナバスが守るゴールマウスに、誰もが止められないシュートを突き刺した。バルサの‘9番’は、90分間プレーし、ウルグアイの攻撃を率いた。

スアレスのスーパーゴールの前に、コスタリカは、サボリノが決めたヘディングシュート(41分)でリードしており、ルイス・スアレスが同点弾を決めた直後に、ブライアン・ルイスが試合を1-2にした。続けてヒメネス(63分)、カバニ(66分)がゴールを決めて。ウルグアイが逆転したかに思われたが、バネガスがロスタイムにゴールを決め、試合は3-3で引き分けた。

試合の勝者は最終的にPKで決められ、スアレスはPK戦最初のシュートを蹴り、ウルグアイにゴールをもたらしたが、グスマン・ペレイラが最後のゴールを決め損ねたため、勝利はコスタリカにもたらされた。

上に戻る