fcb.portal.reset.password
Luis Suárez ha marcat el tercer gol del Barça davant del PSG

カンプノウでのゴールを祝うスアレス / FOTO: GERMAN PARGA- FCB

FCバルセロナのアタッカー、ルイス・スアレスは、カンプノウでのPSGとの対戦で、チームプレーを強調した。「僕らはチームプレーを一生懸命、頑張った。チームメート同士がお互い助け合わなければならず、その結果として目標だった勝利が最後にもたrされた」と試合を振り返った。スアレスは、バルサのユニフォームを着て、カンプノウで初ゴールをあげたが、それは自信につながった。「フォワードにとって、ゴールを決めるのは常に大事なことだ。落ち着きをもたらし、自分の自信となる。とりわけ、チームを助けることができた。この勝ち点3はとても重要だ」と話した。

バルサはグループ内首位通過を果たした。そのことについて、スアレスは「グループ内首位になるのは、16強の第二戦をホームで戦えるということだから、それは僕たちに落ち着きを与えてくれる。クラブのイメージのためにも、首位進出を決めるのは大事なことだった。ここでは僕らみんなに要求されることが高いが、僕らが何者なのかをはっきりと示さなければならなかった」とコメントした。

試合については、第一戦と似たような試合になったと感じている。「第一戦で、彼らは素晴らしいチームプレーができているのがわかった。前線はとても早いし、実際、前半は前と同じようにプレーしていた。後半、僕らは試合を良い方向に持っていくことができて、2-1にしたことが僕らを更に前進させることになった」

12月 15日に、16強の抽選会が行なわれる、バルサの‘9’番は、くみしやすいライバルなど存在しないと考えている。「チャンピオンズリーグで全ての相手に勝つのは、非常に難しいことだ。全試合で全力を尽くさなければ成らない」と気を引き締めた。 

PSG戦で勝利を収めた後の他の選手のリアクションは、以下のとおり。

アンドレス・イニエスタ

「試合前、僕らはどこで優位に立てるか、危険を生み出すことができるかなどを探さなければならなかったが、僕らが試した殆どがうまくいったと思う。スコアをひっくり返すことができたし、自分達に有利な展開になれば、プレーはずっとしやすくなる。だが、そのためには完璧な試合をしなければならなかった」

「誰がプレーすることになるのは、僕らは知らなかった。それは今季、ルイス・エンリケがとっているやり方だ。ただ、PSGが何をするか、危険を生み出すために僕らを奇襲するだろうというのはわかっていた」

「実際、第二戦をホームでプレーできる方がいい。第二戦をアウェーで戦い、通過するチームがあるのは確実だが、僕はホームでプレーする方がいいし、通過する前に最後の励ましをホームのファンから受ける方がいい」

 「試合中、コントロールしている感触を持ち続けるのは難しいが、確かに、多くの時間、その感触を手にしていた。 PSGはとてもやりにくい相手だし、ボールを持ちたがるチームだから、うまくプレスをかけないと面倒なことになる」 

「しばらくプレーしないでいた後は、僕がもっと先にこうありたいというリズムを掴むために、少しずつ、時間をかけていかなければならない」

「今、チームがどういった時にいるのかはわからないが、でも全タイトルに向かって戦うためには、僕ら全員がチームとして育つ必要がある。僕らは結果の面ではいい成績を出しているし、プレーレベルをあげているところだ。それが練習の目的だし、次に更に良くなっているように、僕らは準備を続けている」

「メッシ、スアレス、ネイマールは、保険だ。このレベルをキープしていけたらどんなに素晴らしいことか。それは僕らをとても遠いところまで(タイトルに近いところまで)連れていってくれるということだからね」

ジェレミー・マテュー

「3バックでとてもやりやすかった。ボール出しから行ない、PSGを苦しめるやり方が僕らにはうまくいった」

次の練習は木曜日

トップチームの次の練習は、ジョアン・ガンペル練習場で、木曜日の11時から行なわれる。

上に戻る