fcb.portal.reset.password

練習でのセルヒオ・ブスケッツ / MIGUEL RUIZ-FCB

数日前に、2019年まで契約更新したセルヒオ・ブスケッツがグラナダ戦での勝利の後、ビジャレアルとの国王杯準決勝に向けての思いを語った。

水曜日の合について

「小さなメリットを手にしていて、決勝まで後一歩だが、難しいだろう。ビジャレアルはプレースタイルを変えなければならないだろう」

「ビジャレアルは若手の選手がたくさんいるし、十分な選手層がある。背番号1番から25番まで敬意に値する選手ばかりだ」

グラナダでの:

「僕らがプレーしたようなああいったグラウンドでの条件でプレーするチームを見てみたい。プレーすること自体が難しかった。最も大事なのは勝ち点3だ」


マドリドのドロとリ優勝の可能性:

「グラナダで勝てることを期待していた。僕らにデメリットがあるのはわかっている。だからこそ、マドリードがミスしたら、僕らはそれを生かさなければならない」

「マドリードがつまづいても、僕らの考え方は変わらない。全試合をいつもどおりに勝ちにいかなければならない」

「以前は勝ち点4点差だったのが、今は2になったのは明白だ。僕ら自身次第になったとはいえ、1週間では変わらない」

22日のバルサ-マドリ:

「クラシコまでまだ、2節あるから、それが決定的になるかはわからない。僕らにとって決定的な試合になるといい。その試合が決定的になるのかどうかは、多くの要因によるから、今日の時点ではわからない」

人的な調:

「僕はかなり、コンスタントな選手だと思う。毎日、よりよくなるよう、努力している」

「大体、僕はボランチでプレーしているが、インサイドに入ってプレーするのは目新しいことではない。監督が決めることだ」

「指標になろうとはしていない。ただ、日々、努力するのみだ。クラブにいる年数が増えて、第一戦にいる時間が長くなれば、ちょっとしたことでも、注目されるようになることもわかっている」

ブラボへの:

「長い間、リーガでプレーしているし、代表レベルでもそれは同じだ。彼は僕らに落ち着きと経験、リーダーシップを与えてくれる。誰もがそれを意識している」

上に戻る