fcb.portal.reset.password

バルサTVに応えるセルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト は、今週の水曜日、 医師からプレーできるとの了承を得た。アヤックス戦 (0-2) 、アルメリア戦 (1-2)を欠場した後、バルサTVを通して、フィジカル的に調子がよくなったと明かした。「内転筋にちょっと問題があったが、今はチームと一緒に再び、練習できている。U-21でプレーしない時間を使って、回復することができた」と話した。

バルサの '20' 番は、リーグ戦における次の二試合は決定的だと考えている。セビージャとバレンシアについて、「僕らの後ろについてきているし、とても強い。チームが最大限の力を出してくるだろうし、とても大事な試合になるだろう」と断言した。この試合では「100%の力を出し切る」必要があるとわかっている。ここから後、チームは29日間で9試合をこなさなければならないからだ。ここから12月にかけてプレーする時間を得て、リズムをつかめることを願っている。その意味で、ピッチ上でプレー時間を増やす良い機会だと考えている。「多くの試合がここから続けてあるし、国王杯もある。ここから12月にかけてプレーする時間を得て、リズムをつかめることを願っている。それぞれの選手が重要になってくる」と話した。

最近の試合の結果とプレー内容について、セルジ・ロベルトの答えは明快だった。「プレーは人々が好むベストなものとはいえないかもしれないが、目の前の試合で僕らは結果を出しているし、シーズン末の最終的な結果が大事だ。ここからリーグ戦の終盤に向けて、僕らは重要な役割を果たすことになるだろう」とコメントした。リーグ戦では、首位のレアルマドリードと勝ち点2点差でついている。ここからリーグ戦の終盤に向けて、僕らは重要な役割を果たすことになると確信している。最後にセルジ・ロベルトは、土曜日にジェラルド・デウロフェウと再会することについて、「すごく会いたいと思っているよ。前はU-21で会っていたけれど。彼がバルサ以外のユニフォームを来ているのを見るのは、きっと変な感じがするだろうな」と話した。

上に戻る