fcb.portal.reset.password

カルデロンでのゴールを祝うネイマールJr / MIGUEL RUIZ-FCB

1) グラナダでのハットトリック. ブラジル人選手は、最高のコンディションでシーズンをスタートし、リーグ戦6節目のグラナダ戦で、バルサの選手として初めてのハットトリックを決めた。(6-0).


2) 6試合連続ゴール その試合から、ネイマールは6試合連続でゴールを決め続けた。これは、バルサでプレーし始めてからの最高記録だった。


3) 11 試合11 得点. バルサの‘11' 番は、今季、素晴らしいスタートを切った。最初の公式戦11 試合で、11 得点を決めたのだった。



4) カルデロンでのフェスティバル  ネイマールの今季最高の試合の一つは、国王杯ベスト8での第二戦で、2得点を決めた (2-3).


5) ピチュアンのスーパーFK  最高のゴール –少なくともその中の一つ- は、セビージャで数週間後に訪れた。ピチュアンで放った見事なフリーキックは伝説となった(2-2).


6) ロマリオのゴール越え ビジャレアル-バルサ戦の日 (1-3)、再び、ダブルゴールを超えて、ネイマールはバルサの選手としてのゴール記録で、世界的なクラック、マラドーナとロナウドの記録を超えたのだった。


7) ネイマールの犠牲者、PSG.  今季、ネイマールが強かったライバル、その犠牲者の一人は、PSGだった。チャンピオンズリーグでの4試合で、ネイマールは、5得点を叩き込んだ。


8) バルサで50ゴール トップチームと共に50得点に達したネイマールは、チームがリーグ優勝を決めたレアル・ソシエダ戦で決まった (2-0)。


9) アレナでダブルゴール FCバルセロナは、チャンピオンズリーグの進出をミュンヘンにて、ブラジル人選手のダブルゴール、決定弾のおかげで決め、5回目のチャンピオンズリーグ優勝に近付いた。


10) ベルリンでの最後の仕上げ 今季、最後のゴールとなったのは、ベルリンで3-1 に終わった試合の97分に決まった。クラブ史上5回目のチャンピオンズリーグ優勝杯を彩ることになった。


上に戻る