fcb.portal.reset.password

バイエルンでのメッシの2ゴール目/ MIGUEL RUIZ-FCB

1) ダブルゴールデビュー メッシはエルチェ戦で2ゴールを決め (3-0)、サラの記録まであと6ゴールと迫った。メッシがリーグ戦の初節に5年連続で得点を決めている。 


2) リーグ戦で250ゴール  カンプノウにてエイバルの最初の訪問は、バルサの‘10番’がリーグ史上、250ゴール目を決め、試合は3−0で終わった。この記録をメッシは 285試合に参戦し、作った。


3) リーグ史最多得点王・・・ セビージャを会い得tに決めた3得点 (5-1) で、メッシはテルモ・サラの記録 (251 ゴール)を破り、1部の歴史のトップに躍り出た。現在の記録は、286ゴールだ。


4) ...そしてチャンピオンズでも記録. その三日後、再び、ハットトリックを決めたメッシは、今回はアポエルFC (0-4)を前に決め、チャンピオンズリーグの得点王ランキングトップに立った。現時点で、ロナウド (77ゴール)と記録を分け合っている。


5) 右利きメッシ  バルサの'10' 番は、その都市、コルドバを相手にだぶるゴールを決めて (5-0)シーズンを終えたが、それを右足を使って決めた。2014年の最後に決めた12得点中9得点をそれほど得意ではない方の足で決めている。 


6)  ハットトリック30回記録. また、前期最後の試合が行なわれたリアソールでは、再び、バルサのゴールフェスティバルとなった (0-4).


7) バイエルン戦での決定弾. メッシが15分間で決めた2つのスーパーゴールと1アシストが、チャンピオンズリーグの準決勝進出をほぼ確実なものにした。試合は 3-0でバルサの勝利となった。


 

8) カルデロンでのゴールとリーグ優勝 FCバルセロナは、メッシのゴールのおかげで、後の3冠となる最初のタイトル、リーグ優勝を手にした。メッシは、クロスシュートで、オブラックのゴールを破った  (0-1)。


9) 国王杯決勝での見事なプレー カンプノウでアスレティック・クラブを相手に決めた勝利 (3-1)に導くことになったプレーは芸術作品そのものであり、決勝ではバルサに2得点をもたらした。


10) ベルリンでの主役 ゴールこそ決めなかったものの、レオ・メッシは、5回目のチャンピオンズリーグ優勝を達成することになる立ち役者となった。メッシのプレーから、2-1で制することになる試合のスアレスのゴールが生まれた。


上に戻る