fcb.portal.reset.password

Gol de Rakitic contra l'Osca. FOTO: MIGUEL RUIZ-FCB.

再び、バルサは国王杯で快調なスタートを切った。今回の舞台は、ウエスカのアルコラスで、チームは6勝目をスピーディに決めた。ラキティッチと復帰したばかりのイニエスタが前半15分が終わる前に得点し、バルサをベスト8へ導き始めた。更にペドロとラフィーニャがゴールを決めて、バルサは国王杯というテストを無事に終えた。

殆どは、通常、スタメンでプレーしていない選手で組まれたイレブンは、最初の16分間で2ゴールを決めた。それもスーパーゴールだった。最初はラキティッチがフリーキックを放ちー直接、入れるには距離があるように見えたー、その左足で、ヒメネスのゴールマウスにシュートを突き刺した。

その少し後に、スピーディなカウンターからイニエスタが正面からシュートを放ち、先制点とほぼ同じ位置に突き刺したが、今回は足の外側を使っていれ、それが内側に吸い込まれていった。攻撃には、ペドロがずっと積極的に参加し、協力していた。早い時間に試合を0ー2にした。また、テア・シュテーゲンがカマチョのゴールをセーブし、試合のスコアをキープした(前半31分)。

このような状況にも関わらず、ラキティッチは更にシュートを放ったが、ポストに弾けることになった。ペドロがその見事な技を魅せて、内側にシュートを突き刺し、スコアを0-3にした。ハーフタイム前にムニルが明確なチャンスを得たが、ゴールにはならなかった。

スコアは0-3だったが、ハーフタイム以降、バルサは二回ものチャンスを逃していた。ウエスカはバルサが気を抜くことはできないことを示し、攻撃的なドウグラスとバランスを崩すラフィーニャの右サイドで次々とプレーが展開された。 また、後半(63分)に、エドガルがトップチームデビューを果たした。バルサBのセンターバックは、修正力の実力を証明してみせた。

試合はまだ、終わっていず、ラフィーニャのゴールが残っていた。セルジ・ロベルトが対戦相手を交わして、前線までボールを持ってきたことが、この結果につながった。最後まで、ウエスカは希望を失うことなく、サポーターに何かをプレゼントしたいという気持ちを失わなかったが、センターバックのスピードとテア・シュテーゲンの瞬発力がサプライズを防いだ。 

上に戻る