fcb.portal.reset.password

バルサとバルトラ / MIGUEL RUIZ - FCB

マルク・バルトラは、 レアル・ソシエダの試合でスタメンとしてプレーし、「リーグ優勝につながるかもしれない勝ち点3だ」と試合後に話した。センターバックは、その感触について「非常に良いもの」と評し、チームは、「3大会に残っており、絶好調だ」と話した。また、「全部、制覇する可能性があることは可能だが、それは全く容易なことではない」と認識していると話した。

バルトラいわく、チャンピオンズリーグの進出を決める鍵は、「勝ちにミュンヘンにいくことだ。簡単な試合ではない。ポルトに起きたことは見ているし、僕らは素晴らしい試合をするためにピッチに立たなければならない」と強い意志を持つことだと話した。

また、先制点を決めたネイマールは、チームが「偉大な試合」をしたと考えており、「僕らはゴールを決めるためにあらゆることを行なった。その結果、ゴールが訪れた」と試合を振り返った。「内容のある試合をしなければならないとわかっていたし、そのためには多大な努力が必要とされた。レアル・ソシエダは、とてもやりにくい相手だし、簡単には勝たせてくれないことも十分、わかっていた」と試合前の心境を語った。また、それとは別に「常にバルサでは快適に感じてきた。それはチームメートのおかげだし、チームが偉大なシーズンを過ごしているからだ」と明かした。

上に戻る