fcb.portal.reset.password

カンプノウでバルサの監督としてデビュー / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

試合中のイバン・ラキティッチ/ FOTO: GERMÁN PARGA - FCB

[[DES_1]]第49回ジョアン・ガンペル・トロフィーでクラブ・レオンを6-0で下し、トロフィーを手にしたFCバルセロナの主役の試合後のリアクションは以下の通り。

・ルイス・エンリケ

「僕らは自分達の掌中にあるものに適応するシステムの中で、選択肢を探すことを覚えなければならない。今回はそれができた」

「監督は手持ちのメンバーでチームを作らなければならない。僕らは恐ろしくすごいチームを手にしている」

「僕らはとても良い補強を行なった。クラブは多大な努力をしてくれたし、僕は‘唯一’のチームを持っている」

僕らは期待していた通りのフィジカルできている。試合と練習が進むにつれ、もっと良くなっていくだろう。

「僕らは期待していた通りのフィジカルできている。試合と練習が進むにつれ、もっと良くなっていくだろう」

「常にプレスをかけることはできない。オーガナイズされ、具体的な状況でプレスをかけていかなければならない」

(メッシとネイマールのコネクションについて)「優秀な選手が共にプレーする時、うまく行くのは難しいことじゃない。後半にも同じことが起きた」

・ラキティッチ

「向上しなければならないディテールはるが、とてもよくプレーできたと思う。サポーターは笑みを浮かべて家路へついただろう」「僕らはいいリズムで、よくできたと思う」

「フリーキックは、僕のプレースタイルの一部。僕が何を与えられるのかわかったと思うし、試合ごと、練習ごとに向上して行きたい」

・ムニル

「全ての練習で僕の最善を出せるように努力している。必要なだけだ。トップチームから学べるのは、名誉だ」

「僕の目標はできるだけ、上に到達し、トップチームにいることだ」

マルケス「バルサはすごく競争力のあるチームを手にしている」

ラファ・マルケスが、カンプノウに戻ってきた。だが、今回はレオン・CFのユニフォームを着て、対戦相手としてやってきたが、7年間プレーしていたバルセロナに戻ってくるのは、特別な感慨があると話し、現在のバルサが「全タイトルを狙える」ほどの「競合力のあるチーム」だと評価し、また、ルイス・エンリケ最後の年に一緒にロッカーを分かち合った元チームメートが「最大の幸運に恵まれるように」願った。

上に戻る