fcb.portal.reset.password

Neymar Jr i Messi han signat els gols de la victòria / MIGUEL RUIZ-FCB

勝ち点3、そして1試合がまた、減った。は、パワー8スタジアムで0−2でエスパニョールを制した。メッシとネイマールが前半に決めたゴールが、歴史的に常に難しい対戦相手であるダービー戦の負担を軽くしたかに思われた。バルサのベスバージョンがこのスタジアムに再び、現れ、リーグタイトルがまた、少し近付いた。後、残ったリーグ戦は5試合だ。ジョルディ・アルバが退場になり、35分間、一人少ない状態でプレーしなければならなかったFCバルセロナだが、その知性と実用的なプレーで、試合を最後まで乗り切った。

全力でスタート

FCバルセロナは全力で試合をスタートし、最初の5分間、攻撃チャンスを楽しんだ。ルイス・エンリケのチームは、エスパニョールを自営で苦しめた。バルサは急ぐことなくボールを回し、だが、息つく暇も与えなかった。あらたなチャンスを11分にも生み出したが、17分にはメッシ、アルバ、スアレスのトライアングルから生まれたプレーをネイマールンrがディフェンダーを騙し、ゴールに突き刺した。.

スコアが上でも、バルサは手を緩めなかった。再び、スアレスとイニエスタが新たなチャンスを創り出し、今回は、メッシがそれをシュートに変えた。まだ、前半25分だったが、そのスコアは公正以上のものだった。次から次へとバルサの攻撃が繰り出され、エスパのy—ルは最初のチャンスメイクを行なったのは、前半27分だったが、そのシュートは空高くあがり、前半はバルサのモノローグに終わった。

ジョルディ・アルバの退場

エスパニョールは後半、向上した。セルヒオ・ゴンサレスの率いるチームのテンションはあがり、より、スピーディにボールを扱ったが、FCバルセロナは、サンチェス・ピチュアンで得た感触を繰り返すつもりはなかった。ジョルディ・アルバがイエローカードを二枚受けてー両方とも主審に文句を言ったために受けたものだったー退場になったが、バルサは既に築いた帝国を崩すことなく、試合を進めた。セルヒオがセンターバックの位置につき、マスチェラーノは、マテューがラフィーニャに変わって入るまで、左サイドバックをつとめた。

数的不利にもかかわらず、再構築したルイス・エンリケのチームは、相手より上だった。3点目のチャンスを手にしたが、メッシのシュートはポストに弾け、ネイマールJrは空のゴールにシュートを決められず、追加点は入らなかった。バルサは、ストウアーニのシュート以外で苦しまされることはなかった。エクトル・モレノが再び、文句を言ったため、退場になったが、試合は既に終わっていた。ダービーは、再び、バルサの掌中に終わった。

 

上に戻る