fcb.portal.reset.password

記者会見中のラキティッチ FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]イバン・ラキティッチは、バルサがビジャレアルと対戦する前に、記者会見に現れ、メディアに応対した。ラキティッチは「マルセリーノのチームはとてもよく働いているだけに試合は難しくなるだろう」と話したが、その一方でバルサの4番は野心を隠さず、「僕らのラインを続けていかなければならない。ポジティブ思考で遠征するよ」と自信を見せた。

日曜日にカンプノウで勝利をあげた後、ラキティッチは「最も大事なのは、僕らがどんどん良くなっていくのが目に見えることだ」と話し、「全ラインで多くの変化があったが、常に向上しているのが見える」と付け加えた。全ラインで多くの変化があったが、常に向上しているのが見える。

バルサに入ってから、一ヶ月が過ぎたが、「毎日、世界一のチームメートと一緒に練習してすごく楽しんでいる。このチャンスを最大限に生かしたいし、その結果が出ると益々、もりベーションがあがる」と話し、バルサの4番は、エルチェ戦でのスタメンについて「僕はいつでも試合開始の準備ができている。 監督からの信頼をピッチの上で返したい」と説明した。

また、ルイス・エンリケが与えている信頼について、ピッチで返したいとの考えを表し、「エリア外からもシュートしていけと言われている。これは僕の一つの特徴だし、僕らにとって解決策になる一つのプレースタイルだ」とコメントした。いつでも試合開始の準備ができている。 監督からの信頼をピッチの上で返したい。

また、ラキティッチは、バルサの現況を振り返り、リーグ戦で初めてプレーしたムニルについて「今まで通り、この調子で練習していけば、彼に天井はない」と話した。日曜日、再び、活躍したメッシについては、「彼について多くを話す必要はないよ。彼が世界一なのはみんなが知っている。彼と一緒のチームで日々を分け合うことができて神様に感謝している」と話した。最後にドウグラスの補強についても答え、「クラブの人々は何をすべきなのかわかっている。おhかのチームメート同様に受け入れるころだろう。僕らをおおいに助けてくれると確信しているよ」と話した。

チャンピオンズの希望

イバン・ラキティッチは、どのチームと対戦したいかと聞かれ、「僕はバシレアと当たってほしい。ホームでプレーできるからね」と冗談めかして答えた。ラキティッチはスイス生まれであり、選手キャリアをバシレアでスタートしている。とはいえ、「あたった相手に敬意を払うのみだよ」とコメントした。

上に戻る