fcb.portal.reset.password

Gerard Piqué, a l'acte / GERMÁN PARGA-FCB

Gerard Piqué, pendant l'évènement / GERMÁN PARGA-FCB

ジェラルド・ピケは、ピケがそのイメージキャラクターとなった プロジェクト、‘Relats Solidaris’(「相互援助のストーリー」の意)で収益を得た5万ユーロを寄付するイベントで現状を振り返った。バルサのディフェンダーは、試合尽くしの4月とその重要性について、個人的なコンディションについて、メッシ、シャビ、アウベスなどチームメートについて話した。中で、バルサのスタイルについては、「僕らは試合を支配し続けている。バルサは常に試合をリードしければならない」と話した。

ジェラルド・ピケが話した内容は、以下のとおり。:

合尽くしの4月

「重要なのは今からだ。とてもタフな一連の試合とチャンピオンズのベスト8がやってくる。とてもハードなことはわかっているし、タイトルを制覇したいなら、ハイレベルにいなければならない」

「僕らはチームを手にしているし、年間を通して向上したこと、レベルが上向きになったことを証明したし、それが僕らに多くの自信をつけてくれた。僕らには去年の経験があるし、そこからは、向上を目指す努力をするのみだ」

「全部の月が決定的だ。その間、僕らは何もタイトルをとれないが、多く負けることだってあり得る。僕らは1試合ずつ進んでいかなければならない。リーグ戦では勝ち点を失わないことが大切なことをわかっているし、チャンピオンズリーグのベスト8はクラブにとっても致死問題だ。もし、最後に何のタイトルもとれなければ、やってきた全ての仕事は役に立たなかったことになる」

人的なコンディション

「すごく調子が良いと感じているし、自信に満ちている。フィジカル面でも良いし、スピードがあると感じている。自分がチームを助けられていると感じているし、良い結果を出せていることが、助けになる。シーズンが終わるまで後2ヶ月だ。無冠だったら、今までの仕事が無駄になる。僕らはこの選で続けていかなければならない」

 「ピッチに出る時、調子が良い時は全てがうまくできると感じられることがあるし、今、自分に自信がある。今、とても自信に満ちているし、それが僕がすごく調子がいいと感じさせてくれている」

ムメトについて

「メッシとは話したし、僕は楽観的だ。たぶん、バライドスで参戦できると思う。最終的には、今週中、どう感じるかだ。コーチスタッフの医師がそれは判断すべきだ。僕が抱いている感触では、(試合に)いられるんじゃないかと思っている」

アウベスの契約延長については、「僕はそういったことを決められる人間ではない。7年間、共にプレーしてきたチームメートとして 、彼はクラブ史における最高の右サイドバック或いはそのうちの一人であることを証明してきたと思う。それに今でも非常に高い実力を出し続けている。もっとずっと何年も一緒にやっていきたいと思っている」
「シャビは、僕らのプレースタイルを意味しており、マシア文化の象徴だ。彼の不在はとても大きいものとなるだろう」 

 セットプレ

「いつもFKは練習している。チームには多くのスペシャリストがいる。誰がここからは蹴るかって?ピッチにスペシャリストがいないなら、自信次第だ」
「戦略のテーマを大幅に変えてはいあない。確かに、フアン・カルロス・ウンスエは、僕らを多く助けてくれているが、ボールが入ることもあればそうじゃないこともある。ディフェンスでのいい結果は、どちらかというと姿勢の問題だ」

プレースタイル
「チームは同じ哲学でプレーし続けているが、多くのバリエーションがある。3人もの偉大な選手を前線に抱えているし、プレースタイルを変える必要はないが、ゴールチャンスを生み出すとわかっているから、もっと多くのボールを回している」

「僕らは試合を支配し続けている。そのスタイルと哲学は同じだ。ポゼッションとボールを手にし、そこからチャンスを生み出す。バルサは常に試合をリードしなければならない」

国王杯決勝

「カンプノウでの偉大な決勝となるだろう。中立的かつ多くのキャパシティのあるスタジアムでプレーするために、ベルナベウでプレーしたかった。もし、逆だったら、喜んでカンプノウは他のチームに提供したことだろう」

 


Gerard Piqué: "El trabajo no servirá de nada si... por fcbarcelona
上に戻る