fcb.portal.reset.password
Gerard Piqué ha marcat el tercer gol del partit

ヘディングシュートをするジェラール・ピケ(バルサ−ビジャレアル) / FOTO: MIGUEL RUIZ - FCB

Iniesta, um dos protagonistas da partida

試合の主役の一人になったイニエスタ / MIGUEL RUIZ - FCB

[[DES_1]]国王杯準決勝の第1戦、ビジャレアルとの対戦で3−1と勝利したあと、FCバルセロナのディフェンダー、ジェラール・ピケは非常に競争力のある相手に対しチームが決勝進出に近づくだけのイメージを残したことに満足しているとした。「3−1というのはとても良い結果で、もっと良いものになることもあり得たってことは分っているけど、それでも僕らは良い試合をした」。「エル・マドリガルは難しいスタジアムで、結果は僕らにとっていいものだけど、勝ち抜けはまだ決まっていない」とセンターバックの選手は話した。

ピケは今回の結果を評価するのに1週間前に同じくカンプ・ノウでのイエローサブマリンとの対戦を引き合いに出している。「リーガでは僕らはもっと苦しんだけど、今日僕らはもっと集中していて、そのことが僕らにとって仕事を簡単にした」

7試合連続して先発出場しているバルサのセンターバックの選手は自身が素晴らしい時期を迎えているとの感覚があると説明している。「物事が上手く行っていることをとても快適で喜んでいる。そのうえチームは、最近のゲームで起こっているように失点してもすぐに取り返す能力がある。そういう意味で僕はとてもうれしい」とピケは話している。

アスルグラナのディフェンダーは自身シーズン5点目を決めたプレーに関してもコメントしている。「コーナーからのプレーでメッシが直接蹴り込んでくることは分っていた。僕らは互いをよく理解していてそれを喜んだ」。最後にピケはビジャレアルのカンプ・ノウでの守備的な試合プランについても触れた。「僕らがカンプ・ノウでプレーするとき、相手はいつも守りを固めて僕らがカウンターを仕掛ける可能性が少ない。一方で僕らがアウェーの試合に行くとき相手はより広がり、僕らにとってより多くのスペースができる」

続けて選手たちのミックスゾーンでの発言を振り返る

アンドレス・イニエスタ

「僕らはとてもいい仕事をした。失点したのは残念。一番大事なのは僕らはあと90分で決勝に行けるかもしれないということ。僕らはとても完成度の高い試合をし、あらゆる面でとても集中した状態でビジャレアルに行かなければならないだろう」

「もっと点をとっていてもおかしくなかったってことは分っているけど、訪れたチャンスは大事にしないと。結果は今でたもので、僕らは納得していない訳じゃない。目標は勝つこと、良い結果を出すことだった」

「エル・マドリガルは選手への要求が高いスタジアム。スペースはより少ない。第2戦まであと1ヶ月あり、今僕らの前にはリーガ試合があって得点のプレーに満足しなくちゃいけない」

「僕はずっとチームへの信頼を持ち続けてきた。チームの状態が良いのは確かで、そういう時は状況を有効利用しより良くして行くようにやっていかないと。ここからある勝ち抜けの戦いは常に良い状況ではなく、ちょっとしたディテールをうまく使っていくべき」

テア・シュテーゲン

「僕らが引き出した第1戦の結果を幸せに思っている。第2戦はやってみないと分らない。僕らは今日とても多くのチャンスを手にした」

「ビジャレアルのゴールはボールを止めるのが不可能ではなかったけど、ボールの軌道が動いていて速く、どこに行くか予測するのが難しかった。でも僕のミス」


Iniesta reaction to Cup victory por fcbarcelona

次回練習は木曜

チームは木曜日にクラブ総合練習場ジョアン・ガンペルで非公開により練習を再開する。カンプ・ノウで日曜日にあるレバンテとの対戦に備える。

上に戻る